Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
仮想通貨Plug(プラグ)とは?特徴や将来性、計画が壮大過ぎる? | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

仮想通貨Plug(プラグ)とは?特徴や将来性、計画が壮大過ぎる?

 

分散型アプリケーションの開発を目指すCentralityと
深い関わりのあるプロジェクトが「plug」(プラグ)です。

今回は、そのplugが、どんな役割や特徴を持っているのか、
そして将来性について考察してみました。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

Plug(プラグ)とは?

Plugとは、2018年5月上旬までTGEが行われた
プロジェクトです。

Plugは、ブロックチェーンのスペシャリスト集団のQadre、
ニュジーランドのベンチャースタジオであるCentrality、
スイスのブロックチェーンメディアハウスであるSingularDTVの
提携によって進められているプロジェクトです。

Centralityと同じく、TGE案件ということで、
「即日完売するのではないか?」
ということで、注目が集まったのですが、
地合いの悪さも相まったせいか、10億Plug程の売れ残りが発生しました。

ただ、ソフトキャップには達していたおかげか、
2018年5月上旬にメインセールが完了しています。

上場に関しては未定で、再度メインセールを行うとしています。

Plug(プラグ)の特徴は?

では次にPlugの特徴をお伝えしていこうと思います。

計画自体はかなり壮大で、面白い取り組みではありますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

特徴その1:ブロックチェーンのインターネット

現在、私達の生活に欠かせないインターネットは、
世界各国にあるサーバーをネットワークで繋いだものです。

Plugが起こそうとしていることは、これと似ており、
ブロックチェーンのネットワークを作ることをPlugは目的としています。

現在、仮想通貨の銘柄は1000種類以上もあり、
全てのブロックチェーンに互換性があるわけではありません。

そこに互換性を持たせ、多様なブロックチェーンが存在しつつ、
1つの巨大なブロックチェーンのネットワークを形成していきます。

特徴その2:Centralityと関わりが深い

Centralityは、DAppsを稼働させるプラットフォームです。

Centralityでは、既にイーサリアム等でも稼働している
DAppsを、Centralityのプラットフォームにも移動できるように、
開発を進めています。

ただブロックチェーンという壁によって、
DAppsの移動が困難な場合もあるので、そこで登場するのが、
Plugです。

Plugでプラットフォーム同士を繋ぎ合わせることで、
他のブロックチェーンベースのDAppsも、
Centralityで稼働できるようにします。

CentralityとPlugは、このように密接な関係にあるので、
Plug投資者は、Centralityの動向も注目すると良いでしょう。

特徴その3:馴染みやすいプログラミング言語

Plugのプラットフォームは、Pythonという、
プログラマーの方ならまず知らないことは無いと言える、
有名なプログラミング言語で書かれています。

Pythonは、既に知識のあるエンジニアも多く、
少ないコードでプログラムを書けることで知られています。

開発者が、参入しやすいよう考慮されているため、
今後の展開においてかなり有利に働くのでは無いでしょうか?

特徴その4:PoSを採用

コンセンサスアルゴリズムは、消費電力を抑え、
マイナーの偏りを防ぐ、PoS(Proof of Stake)が採用されるとのことです。

Plugトークンを保有していれば、
それだけ報酬が貰えるのはありがたいことですね。

Plug(プラグ)の上場は?

当初、Plugの上場は、メインセール終了後の5月と噂されていましたが、
再度メインセールを行うとのことで、上場に関しては未定です。

今後6月から試験的にテストネットを行い、
7月にオープンソース化、その後さらにテストネットを行うとのことなので、
上場はまだまだ先のようですね。

Plug(プラグ)の将来性は?

Plugの計画は非常に壮大で、
様々なブロックチェーンを繋げるとしています。

現在、ブロックチェーンが乱立しており、
サービスの移行など、簡単には出来ない状態です。

そこで、Plugが誕生すれば、非常に将来性は高いと言えます。

また、Centralityとは密接な関係にあるため、
Centaralityの開発がどんどん進んでいけば、
それに引っ張られる形で、Plugの価値も上昇すると思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

Plugは、乱立する仮想通貨のブロックチェーンを
繋げる役割を果たしてくれる仮想通貨です。

特に、Centralityと一緒になってプロジェクトを進めているので、
Centralityが成功すれば、Plugにもかなり好材料になることと思います。

メインセールは終了しましたが、
再販を予定しているとのことなので、今後Plugが気になる方は
逐一情報を収取すると良いでしょう。