Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
世界で5番目に大きなフランスの電力会社であるEDF、イーサリアムの分散型アプリを活用 | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

世界で5番目に大きなフランスの電力会社であるEDF、イーサリアムの分散型アプリを活用

 

世界でも大手の電気会社は、イーサリアムと協力し、分散型アプリのiExex上でテストを行います。

 

 

世界で5番目に大きく、時価総額330億ドルを誇るEDF社は、
同社のヴィジュアルシュミレーターソフトであるGPUSPHを、
イーサリアムのメインネット上で稼働する分散型アプリ、iExec上でリリースしました。
これにより、EDF社は、通常のコンピューティング環境より、
ブロックチェーン上でどのような過程を辿るかをテストすることができるようになります。

 

 

特にこのシュミレーターは、流体モデリングに用いられる
smoothed particle hydrodynamics(SPH)と呼ばれる分野を調査します。
これは本来、専門的なものですが、一般的なアイディアにもGPUSPHアプリは有用で、
例えば、ダム、もしくは溶岩の冷却といった様々な研究に利用することが可能です。
EDF社は、通常GPU上で稼働するシュミレーターが、
どのイーサリアムDappsで稼働すると利益をもたらすか、決定しようとしています。

 

 

EDF社のブロックチェーンエンジニアであるGilles Deleuze氏は、
コインデスクに対し、次のように話しています。

 

 

広い視野に立つと、分散コンピューティングの開発は、
将来に渡って、信頼できるシナリオを描いてくれ、
このシナリオにおいてブロックチェーンは、良いレバーとなってくれるでしょう。
だから、冒険しましょう。

 

 

元々、数十年前の研究プロジェクトの拡張において、
iExecは、ブロックチェーン上でクラウドコンピューティングのコンセプトを模索するために、
2016年にリリースされた、長期に渡るイーサリアムのアプリでした。
世界のクラウドコンピューティング事業が現在、Amazonのような大手企業に支配されている一方で、
イーサリアム上で、その形式を分散化させようと試みてきました。

 

 

iExecのイノベーションと採用のトップであるJean-Charles Cabelguen氏は、コインデスクに対して、
GPUSPHに向けたiExecの利用におけるアドバンテージは多く、これは分散ネットワーク上で稼働するため、
状況の明確なモニタリングや、アプリの計算能力とアプリの”弾性”の増加が含まれると、主張しています。

 

 

しかし、イーサリアムが直面している差し迫った問題の1つは、スケーラビリティ問題ですが、
これは少なくとも現時点ではまだ問題では無いようです。
しかしiExecは、彼らは結局、彼ら独自のスケーリングソリューションを、少なくとも、
Dapps上で拡張可能になるようにしなければならないと主張しています。

 

 

重たいコンピューティング作業は、オフチェーンで実行され、
これはイーサリアムを圧迫するものではありません。
その後、ブロックチェーンはコンピューターの結果を検証するコンセンサスに利用されます。
このハッシュの結果は、ブロックチェーン上に保管されるでしょう。”そうCabelguen氏は話しています。

 

 

ただそうは言うものの、EDF社は、このテクノロジーは検証する価値があるものだと考えているようです。
Deleuze氏はさらに、EDF社が将来、iExec上で他の実験でリリースする計画していると付け加えており、
下記のように宣言しています。

 

 

その計画は、可能性として必要とされる他の種類の
workerpoolのオープン科学コードと共に継続されます。

 

 

引用元:The World’s Fifth-Largest Electrical Company Is Using an Ethereum Dapp