Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
バハマ政府、DARE暗号法を導入 | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

バハマ政府、DARE暗号法を導入

 

 

 

バハマ政府は、仮想通貨の発行と取引を監督する法律整備を完了させました。

 

 

Nassau Guardianに掲載されているように、
DARE法制2020は、デジタルトークンの販売者と仲介業者向けの規制と、
同様にそれらを破った時の罰についても概説しました。

 

 

この法律を違反した人には、50万ドルの罰金、もしくは最長5年の実刑が下されます。

 

 

その他の罰には、一定の運営の禁止や停止命令、延期などその他多くのものが含まれます。

 

 

デジタルトークン取引、カストディアルウォレットサービス、デジタルカストディサービス、
そしてデジタル資産の送金を提供する事業者等は、バハマ証券取引委員会(SCB)に登録する必要があります。

 

 

バハマは、最先端の仮想通貨領域に熱心であり、
産業の発展と投資を促すために、多くのイニシアチブを導入してきました。

バハマは、仮想通貨の温床という現状があります。

 

 

バハマ中央銀行は、パイロットスキーの下でデジタル版バハマドルを導入しています。

 

 

中央銀行デジタル通貨(CBDCを)は、公式から“サンドドル”と呼ばれており、
イニシアチブ全体としては、“プロジェクトサンドドル”と呼ばれています。

 

 

それはエグズーマ地方で発行予定で、2020年上半期までにアバコエリアまで拡大する予定です。

 

 

発表によれば、これはバハマ決済システム現代化イニシアチブ(PSMI)に続くものだと述べられています。

 

 

2000年初頭に始まったこのスキームは、
金融包摂の向上と同国内で銀行口座を保有しない人々がアクセスできるようにすることを目的としたものです。

 

 

引用元:Bahamas introduces DARE crypto bill