Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 10,143
Bitcoin Cash
$ 414.41
?
---

失敗した仮想通貨プロジェクト、2019年では20%減少へ

 

仮想通貨業界は、不名誉にも厄介者や詐欺によって破壊されました。

 

 

確かに2017年以来、1,840もの仮想通貨プロジェクトが失敗し、そのほとんどがあからさまな詐欺でした。

 

 

しかし、計518のブロックチェーンと仮想通貨プロジェクトが2019年内に挫折した一方、
その前年より依然として20%の減少を示しています。

 

 

2019年、頓挫した仮想通貨プロジェクトの減少

市場が低迷している状態で、ほとんどの仮想通貨プロジェクトが失敗することは驚くべきことではありません。
弱気市場がほとんど荒れていた2019年最初の数ヶ月は、多くの仮想通貨プロジェクトが消えてきました。

 

 

1月には115個が畳み込まれ、2月には48個、さらに3月には120個が崩壊し、
昨年失敗した大半以上を数えることになります。
驚くような割合だとあなたは言うかもしれません。
しかしながら、DeadCoins.comのデータによれば、それはまだ2018年に比べれば20%減少しているのです。

 

 

では、これら仮想通貨プロジェクトはどのように終了したのでしょうか?
DeadCoinsは、プロジェクト等を減少、ハッキング、詐欺、そして下手な模倣の4つのカテゴリーに分類しました。
失敗したほとんどのプロジェクトが詐欺とカテゴリー分けされました。

 

 

2018年と2019年、それぞれ55%と58%のプロジェクトがこのカテゴリーに入りました。
残りは、ハッキングもしくは有名なものを模倣したプロジェクトでした。

 

 

他の失敗

多くの仮想通貨プロジェクトが失敗する一方、2019年第二四半期は、たった83のプロジェクトが消えました。
これは、市況が上昇へ交代する事実と非常に一致します。

 

 

2019年の第三四半期のほとんどに、ビットコインとその他仮想通貨等の価格は安定的に上昇しました。

 

 

合法的なプロジェクトが1年から3年のライフサイクルで一般的に失敗する一方で、
ほとんどの詐欺プロジェクトは1年以下のライフサイクルとなっています。

 

 

ICObenchによれば、2019年の1年を通してICOの数は大きく減少したとのことです。

12月は、30のプロジェクトで終了した一方で、1月には151のICOが公開されました。

 

 

プロジェクトは減少、しかしより重要に

かなり多くの失敗したプロジェクトには励ましの兆候は無いかもしれません。
しかしながら、いくつかの点において、プロジェクトの質がトップまで上昇していることを意味しています。

 

 

アイディアやホワイトペーパー云々というよりは、
ブロックチェーンプロジェクトは、成長と本当のユースケースと目的に向けてスタートしました。

 

 

2019年、例えばより多くの軍事的、そしてビジネスのブロックチェーンプロジェクトが誕生しました。
Deloitteの2019年グローバルブロックチェーン調査によれば、
事業がブロックチェーンに本腰を入れ始めてから、
全体的なプロジェクトの質は2018年に比べてより高くなったとのことです。

 

 

では、2020年に移行していく中で、私達は何を予想できるでしょうか?
もちろん、多くのプロジェクトは依然として市況に対して脆弱です。
現在まで、多くのプロジェクトが減少したことを考えれば、より実行可能な状況が誕生しながら、
挫折する数も継続しそうです。

 

引用元:Total number of failed cryptocurrency projects falls 20% in 2019