Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
韓国、仮想通貨利益に対して20%の課税を検討 | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

韓国、仮想通貨利益に対して20%の課税を検討

 

 

韓国国内で政府に恐れを抱いている仮想通貨ユーザーは、
仮想通貨取引を通して取得したいかなる利益にも、高額な20%が課せられる可能性があります。

 

 

企画財政部の所得税部門は、キャピタルゲインと贈与税を監督する財産税部門からの引き継ぎを受けた後、
バーチャル資産取引によって得た利益にかける税への計画と検討を開始しました。

 

 

この流れは、政府がキャピタルゲインの代わりに“その他の収入”として
仮想通貨取引による収入を分類化する予定だと、専門家等の推測を促したと地元メディアが報じています。

 

 

「企画財政部はその方向性をまだ最終的なものにしていませんが、
不動産物件のような資本の移動による収入としてではなく、
他の収入として分類されるることになるのは確かだ」と政府高官は話しています。

 

 

韓国の地方税法では、“その他の収入”は、謝礼金や懸賞金、そして稀で、普通ではなく重大化する
その他の手段が含まれます。

 

 

“その他の収入”に分類されるものは、全ての収入の40%に課せられる20%が税の対象となり、
残りの60%に関しては控除が可能です。

 

 

もしそのように分類されれば、韓国の税務部門は、
直ちにバーチャル資産取引から得た利益に課税を始めることが可能です。

 

 

しかしながら、キャピタルゲインとして仮想通貨取引に課税するためには、
課税と公平な市場価格を計算する理由を取得するために、仮想通貨取引所からバーチャル資産取引の情報を、
まず第一に集めることが必要となるでしょう。

 

 

韓国政府はすでに、バーチャル資産取引による外国人が取得した利益を“その他の収入”と分類することを始めており、
仮想通貨取引所を通じて間接的に税を徴収しています。

 

 

引用元:South Korea considers 20% tax on cryptocurrency gains