Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

ミレニアム世代、ネットフリック株よりもビットコインを好む傾向に

 

新しい報告書によれば、ミレニアム世代はネットフリックの株式より、
グレースケール社のビットコインに投資していることがわかりました。

 

 

金融投資管理企業のCharles Schwabによって発行された報告書は、
自主管理仲介口座(SDBA)内での退職後の投資活動のデータに応じたものとなっています。

 

401(k)計画のようなSDBAは、株式や債権、上場投資信託(ETF)、ミューチュアルファンド、
そして基礎退職計画の中心的な投資オファリングが欠如した他の証券への投資に活用されます。

 

 

報告書によれば、2019年の第三四半期の期間においてミレニアム世代は、他の世代に比べ、
自身らのポートフォリオの多くのパーセンテージを上場投資信託と現金に割り当てていました。

 

 

ミューチュアルファンドは、全世代に渡って口座内保有が最大であり、
Appleは主要で、全体的な普通株所有となっています。

 

 

「ジェネレーションX」は、SDBA加入者のおおよそ42%を占めており、
この数字に近く続くのは39%の「ベビーブーマー」、それから13%が「ミレニアム」となっています。

 

 

また報告書では、全ての世代に渡って所有される普通株をパーセンテージにした上で、トップ10を公開しています。

 

 

提供された中でとても興味深かった洞察の内の1つは、
ミレニアム世代が、ウォルト・ディズニーやネットフリック、マイクロソフトとアリババグループより、
グレースケール社のビットコイントラストの資産を保有していたことです。

 

 

しかしながらミレニアム世代は、アマゾンやテスラ、そしてフェイスブックの方を信頼しているようです。

 

 

一方、グレースケール社のビットコイントラストは、ジェネレーションXとベビーブーマー世代が所有する
トップ10の普通株の中ではランクインせず、これはより上の世代が従来的な投資機会に強い傾向があることを示しています。

 

 

引用元:Millennials prefer Bitcoin over Netflix stock