Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,522.6
Bitcoin Cash
$ 212.76
?
---

仮想通貨とブロックチェーンの求人数、2018年から26%上昇

 

ブロックチェーンと仮想通貨業界における求職状況は明るいと思われると、
雇用調査企業のIndeedが発表しています。

 

 

木曜日に公開された“Seen by Indeed”によれば、
仮想通貨業界は4年に渡り1,457%の成長を遂げ、人気求人サイトでは、
100万件ごとに共有されたビットコインとブロックチェーン、そして仮想通貨関連の求人広告の数は、
2018年から2019年にかけて26%増加したとのことです。

 

 

一方同社は、比較的続いた下降トレンドによって、特定部門の求人検索が53%下落したことを発見しました。
ビットコイン価格が20,000ドルという過去最高値に達した2017年後半は、
仮想通貨市場にとって強気相場であり、求職者間の熱狂ぶりも最高潮に達しましたが、
それ以降は徐々に弱まってきました。

 

 

細部に焦点を合わせると、雇用主が募集した今年のトップ5のセクター求人は、
ソフトウェアエンジニアリング、ソフトウェアアーキテクト、フルスタック開発者、
そしてフロントエンド開発者といったコンピューター関連の仕事が、最も一般的な役職となっています。

 

 

ブロックチェーンの求人を掲載しているトップ5の企業は、
Deloitte、IBM、Accenture、Cisco、そしてCollins Aerospacesとなっており、
それぞれ1位から5位の順番となっています。
“4大会計事務所”であるErnst & Youngは、Deloitteと共にトップ10以内に食い込みました。

 

 

仮想通貨とブロックチェーン業界の企業等については、
Coinbase(7位)Overstock.com(8位、子会社であるブロックチェーンアクセラレーターのMedici Ventureと、
セキュリティトークンプラットフォームのtZEROを保有)Ripple(9位)Circle(11位)、
Kraken(12位)そしてConsenSys(13位)がリストに名を連ねました。
独自のステーブルコインを開発するJPMMorgan Chase、そして暗号企業に友好的なSignature銀行が、
14位と、15位という結果になりました。

 

 

Indeedによれば、興味深いことに通信事業大手のVerizonは10位となり、
ランキング内では唯一の携帯通信事業者となりました。
同社は、ブロックチェーン投資とブロックチェーン技術関連の特許申請を行っているにも関わらず、
同業界内にいて、特に主要な発表は行っていません。

 

 

“たとえ仮想通貨が極度な為替変動と不確実な規制に直面したとしても”
求職の数は2020まで上昇が続くと予想されますと、Indeedは発表しています。

 

 

引用元:Crypto and Blockchain Jobs Have Increased By 26% Since 2018: Research