Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 10,142
Bitcoin Cash
$ 414.11
?
---

ブラジル証券取引所委員会(CVM)、仮想通貨の規制サンドボックスを始動予定

 

ブラジル証券取引委員会(CVM)は、仮想通貨とデジタルトークン発行に向けた明確なガイドラインを含む
規制サンドボックスの始動を発表しました。

 

 

同国の規制当局者が昨年末、
ブロックチェーン技術の実行は2020年の最優先事項と宣言していました。

 

 

CVMの規制サンドボックスは、トークンもしくは規制下にある環境で仮想通貨を発行するために、
フィンテックとその他企業に向けた環境をテストするものとして機能します。

 

 

規制当局者のウェブサイトによれば、このイニシアチブは
“DLTとブロックチェーンのような技術などを含む新たなビジネスモデルの出現を駆り立てるという
資本市場で起こっている変化に対応するためのもの”としています。

 

 

サンドボックスに追加してCVMは、
経済自由法と遠距離投票インストラクション改定の規制といった他のイニシアチブも発表しています。

 

 

CVMはブラジル内でのブロックチェーン導入を養成

CVMはさらに、ブラジル国内でのブロックチェーンテクノロジーの導入を考えており、
規制当局者は、“オープンブローカー”と呼ばれているそれの潜在的実行を研究していると主張しています。

 

 

本質的にCVMは、連邦機関を伴う規制された全てのブローカー間で、
顧客データの共有を可能にする新しい技術のテストを意図しています。

 

 

このアイディアは、ブラジル中央銀行によって2020年までに始動することになっている
オープンバンキングに類似するものです。
この新たな枠組みは、フィンテックパートナーを伴う銀行によって提供される
データ、機能、そしてリソースの共有を可能にします。

 

 

CVMが提唱するこの提案は、
対等な立場の人たちの参加による分散で作られるブロックチェーン口座によって投資家等の助けとなるでしょう。

 

 

CVMはまた、電話オペレーターに似た、よりよい登録のポータビリティを展開したいと考えています。
この提案されたシステム下で、ある企業から提供されたサービスの進行を望まないユーザーは、
彼らの登録を他のオペレーターへと“移行”できるようです。

 

 

これは、ユーザー等がよりよいプライバシーとデータ所有権のセキュリティを高めることを意味します。

 

 

この規制枠組みが導入されれば、私達は2020年、
ブラジルにて仮想通貨とブロックチェーン導入の飛び立ちを目の当たりにすることができます。

 

 

引用元:Brazilian CVM to launch cryptocurrency regulatory sandbox