Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

ロシア連邦中央銀行頭取、法定仮想通貨への「明白なニーズは無い」と発表

 

ロシア連邦中央銀行は、潜在的リスクを乗り越えるであろう法定仮想通貨の発行に、
強力な根拠は無いと見ていると、同行の頭取が発表しています。

 

 

木曜日、Tassによって報道された内容では、ロシア連邦中央銀行頭取であるElvira Nabiullina氏は、
同行が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の可能性を過去の時点で調査しており、
そして、その新たなテクノロジーを始動するニーズは“私達にとって明確ではない”と話したとのことです。

 

 

ロシアのソチで開催された革新的フィナンシャルテクノロジーズのフォーラムであるFinopolisの話において、
Nabiullina氏は、次のように説明しています。

 

 

“技術的な問題だけではなく、例えば現行の電子的なノンキャッシュ決済との比較において、
何の利点を法定仮想通貨に与えうるか、本当に予測することが難しいのです。
多くのリスクがあり、そしてその利点は十分に明白ではありません。”

 

 

遡ること6月、Nabiullina氏は同行がいつの日にか独自のデジタル通貨を発行できうると述べていました。

 

 

同時期にNabiullina氏は、“電子マネー”が便利になるかもしれない一方で、
“私達社会は、現金を拒絶する社会的な準備が出来ているのでしょうか?”と付け加えました。

 

 

Finopolisのイベントで、Nabiullina氏は中国人民銀行の副頭取であるFan Yifei氏に、
彼女のコメントについて説明を続けていたとTassは報じています。

 

 

法定仮想通貨の間もない始動を計画をしている中国は、CBDCに向けた規制サンドボックスの開発をする上で、
他の中央銀行と協力することが大切だと確信していると、Fan氏はフォーラム中で語りました。

 

 

中国人民銀行は最近、11月のできるだけ早い段階で発行されるであろうデジタル元を否定していました。
PBoCは、他国の仮想通貨経験を含む最初の調査を実施するでしょうと、
Fan氏は自身のコメントに対して続けて説明しました。

 

 

引用元:Russian Central Bank Chief: ‘No Obvious Need’ for National Cryptocurrency