Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,525.1
Bitcoin Cash
$ 212.98
?
---

中国人民銀行公式「デジタル元は、匿名性をコントロール可能にすべき」

 

 

中国のデジタル通貨研究機関は火曜日、中国が提案している新たなステーブルコインプロジェクトは、
プライバシー保護と規制実施の間でバランスが取られなければならないと発表しました。

 

 

このデジタル通貨研究機関は、中国人民銀行(PBOC)内部にある中央銀行決済部門の一部です。

 

 

Reutersの報道によれば、Changchun Mu氏はシンガポールのカンファレンスの講演で、
当局の情報ニーズを満たす一方で、
中央銀行はユーザーの個人情報詳細を完全に管理下に置くことはないだろうと話しました。

 

 

「私達は一般市民が紙幣や硬貨を使うことに対して匿名にしておくべきだというニーズを把握しています…
匿名の取引ニーズを必要する人々に私達は応えるつもりです。」そうMu氏はカンファレンスで話しました。

 

 

「しかしこれと同時に、私達は“コントロール可能な匿名性”そしてマネーロンダリング対策とCTF(テロ資金対策)、
そしてさらに税関連や、オンラインギャンブルといかなる電子上の犯罪活動の間でバランスを取るでしょう」
と同氏は話しました。

 

 

中国のデジタル通貨は、仮想通貨とブロックチェーン界隈の中でも意見が割れています。
ビットコインと隣り合った通貨システムに適用した中国では、有効な実証だと見るオブザーバーがいる一方で、
権威主義的な監視と管理を懸念するオブザーバーもいます。
中央銀行は、現金レベルのプライバシー保護を約束していますが、
マネーロンダリングのような違法行為が疑われれば、仮想通貨利用者を追跡する機能を保持することを認めています。

 

 

「それこそが、私達が保持すべきバランスであり、私達の目的なのです。
私達は、一般市民の情報を完全に管理することを模索しているわけではありません。」Mu氏はそう話しました。

 

 

引用元:China Central Bank Official: Digital Yuan Should Have ‘Controllable Anonymity’