Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
Tether(テザー社)、NYAGの主張を根拠とした集団訴訟を退ける申し立て申請を予定 | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

Tether(テザー社)、NYAGの主張を根拠とした集団訴訟を退ける申し立て申請を予定

 

Tether社は、暗号市場を不正操作したとする告訴を退けるための異議申し立ての
計画をしているという趣旨の書状を公開しました。

 

 

この集団訴訟は1兆円以上の損害賠償を求めています。
これは4月に、ニューヨーク司法長官事務所が、USDTは米ドルと1対1で裏付けされていないという申し立てと、
2017年に急上昇したビットコイン価格の半分を吊り上げるために、USDTの1つのアカウントが利用されたという
申し立したが、テキサス大学オースティン校の教授の研究が基となっています。

 

 

ニューヨーク州南部地区連邦裁判所に送られた書状によれば、
原告等の告訴は、学術論文の中で著者が、裏付けのないテーザー発行のトレードパターンを明らかにしたという
中心的な申し立てを撤回する、後継版の論文を無視していると主張しました。

 

 

先週の声明では、Tether社は改訂版の論文を、最初の論文の「水で薄めて、恥ずかしくも逆をいくものだ」と述べました。
準備金に関して言えば、同社は負債の緩和策として1億ドルと共に、
透明性部門における彼らのウェブサイト上に資産として、45億ドルの資産を指摘しています。

 

 

書状の中でTether社は加えて、原告等はTether社とUSDTを発行するBitfinex取引所が、発生する取引、
もしくはそのトレーダーが市場暴落で実際に負債を負う取引に対して責任があることを証明できないと主張しています。

 

 

さらに書状では、Tether社はステーブルコイン市場で独占的な力を持ち、
不正なゆすり行為に加担し、数ある申し立ての中でも習慣法に詐欺的行為を働いているという主張に反論しました。

 

 

David Leibowitz氏、Benjamin Leibowitz氏、Jason Leibowitz氏、Aaron Leibowitz氏、
そしてPinchas Goldshtein氏によって提出された元となる訴えは、Craig Wright氏に対する
連邦裁判所管轄事件を勝ち取った弁護士のVel Freedman氏とKyle Roche氏によって提出されました。
Bitfinex、Tether社、Digfinex、そして現行の幹部等、前最高戦略責任者のPhilip Potter氏、
そして決済業者のCrypto Capital等は、この事件で被告として名を連ねました。

 

 

引用元:Tether to File Motion to Dismiss Class Action Lawsuit Based on NYAG Claims