Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 10,361
Bitcoin Cash
$ 307.44
?
---

アマゾン、Proof-of-Work暗号システムの特許を取得

 

アマゾンは、Proof-of-Work(PoW)暗号システムを構築するために、
様々な技術的の特許を見ており、このシステムはビットコインなどで用いられる
ブロックチェーンに酷似したものです。

 

 

2016年12月にはじめて提出され、そして火曜日に米国特許商標庁(USPTO)によって
受理された特許内容では、特に他の利益の部分で、どのようにマークルツリーが
Proof-of-Workの課題解決をしうるかを説明しています。

 

 

マークルツリー構造は、コンピューター間において送受信されるデータ認証を可能にし、
ブロックチェーンが、ブロックが偽造されていないか確証するように、peer-to-perr上で行われます。
このコンセプトは、1979年まで遡ります。

 

 

一方、PoWは、参加者に”仕事(Work)”というサービスをお願いすることで
ネットワークを保護するために用いられるアルゴリズムで、
複雑な数学パズルを解決するために、コンピューターの処理能力が必要となります。
たとえば、ビットコインのブロックチェーンネットワークは、
マイナーによって仕事が行われるPoWアルゴリズムが採用されています。

 

 

このケースにおいてアマゾンは、マークルツリー生成は、
アルゴリズムによって要求された仕事だと話しています。

 

 

特許では次のように説明されています。

 

 

Proof-of-Workの当事者は(例:クライアントコンピューターシステム)
コンピューティングリソースにアクセスするためのリクエストを行うでしょう。
第二者(例:サービスプロバイダー)は、当事者から提供されるかもしれない課題を決定するでしょう。
課題に向けた有効な解決方法は、生成され、リクエストが成し遂げられるよう提供されます。

 

 

課題にはメッセージとシードが含まれており、シードは少なくとも
課題解決の生成に使われるであろう暗号理論派生の情報が、その一部として利用されます。
マークルツリーは、現時点での解決方法を生成するために生成されると付け加えられています。

 

 

PoWは、コンピューターネットワークを頻繁に攻撃する、
Denial-of-Service(DoS)と分散型Danial-of-Service(DDoS)攻撃を防ぐことができると、
Amazonは述べており、次のように説明しています。

 

 

有効なProof-of-Workのリクエストは、参加者のDoS、もしくは、
DDoS攻撃に有効なProof-of-Workソリューション生成することで、
DoS、もしくはDDoS攻撃を軽減することができ、これは、
攻撃システム上にコンピューターリソースを割く必要がり、
参加している企業の攻撃はリクエストが要求されるので、劇的に攻撃の割合を下げることになります。

 

 

その他にも特許内容では、”暗号キー””デジタル署名”そして”public signing key”、
とりわけ、ブロックチェーンと仮想通貨に関連したコンセプトに言及されています。
しかし、これは直接的にブロックチェーンと仮想通貨を議題に上げたものではありません。

 

 

これまでのところ、よく話題にのぼるAmazonの仮想通貨についてはとらえどころが無い一方で、
同社は、ブロックチェーン業界に前進を続けています。
今月の初め、同社のクラウドコンピューティングアームであるAmazon Web Service(AWS)は、
より広範囲な企業クライアント向けにManagedブロックチェーンサービスをリリースしました。
イーサリアムネットワークのサポートを行い、今年の後半に利用が可能になる一方で、
このサービスは、オープンソースフレームワークのHyperledger Fabricのサポートを行います。

 

 

引用元:Amazon Wins Patent for Proof-of-Work Cryptographic System