Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 10,783
Bitcoin Cash
$ 320.95
?
---

加投資銀行Canacordのアナリスト、ビットコイン価格が2021年までに20,000ドルに戻ると予想

 

カナダ投資銀行のCanacord Genuityのアナリストは、
歴史は少しだけ繰り返すとの予想を立てています。

 

 

木曜日に、同行のクライアントに向けて送られてたリサーチノートによると、
アナリストのMihael Graham氏とアソシエイトのMatthew氏とAlexander Frankiewicz氏は、
ビットコインの価格が、2017年後半の成層圏まで、次の24ヶ月間の内に戻ると予想しています。

 

 

彼らは次のように書き記しています。

 

 

2019年に入って4ヶ月間で、私達は2011年から2015年、2015年から2019年の間で、
ビットコインの価格が著しい類似性があることに言及していました。
この簡単なパターン認識は、わずかなファンダメンタルズ分析が基本になっている一方で、
私達は、ビットコインは多少ですが、4年サイクルで動いていることも特筆しており、
これはビットコインのマイニング報酬の半減期がおおよそ4年ごとに訪れるからです。
昨年私達が言及したように、ビットコインは2019年の底値から春を形成し始めていますが、
直近のチャートを見る限り、この回復は若干先走りする形となっています。
将来性としては、もしビットコインが同じトレンドを繰り返せば、
過去最高値をつけた20,000ドルまで緩やかに回復すると示唆しており、理論的には、
そのレベルまで2021年の3月までに到達するでしょう。

 

 

またアナリスト達は、暗号市場でさらなる動きについて言及しており、
約700万ビットコインが、’凍結’状態(少なくとも6ヶ月は非アクティブ)から振り落とされており、
再度取引に利用されると話しています。

 

 

将来については誰もわからないため、アナリストは、
過去2つのパフォーマンスをそれぞれ重ね、ブロック報酬が半減すると、
ビットコインの価格は好調に推移することを書き記しています。
次の半減期は2020年が予定されています。

 

 

また、このチームによれば、価格上場の促進要素として、
ウォール・ストリートの興味が仮想通貨に向けられていることも指摘し、
次のように書き記しています。

 

 

もしかすると、一番重要なのはフィディリティが仮想通貨業界を
押し上げていることかもしれません。
昨年の8月には、Fidelity Digital Assetsが、そして資産管理サービスが3月にリリースされ、
多数の報告が、機関的なデジタル資産取引ビジネスが数週間後にリリースされると提示しています。
フィディリティは、米国411の機関投資家の内40%が5年以内にデジタル資産を所有する可能性が開かれていることがわかったという調査報告を行っています。
その他の要因としては、Grayscaleの”Drop Gold”広告キャンペーンの可能性があり、
これは、最近放映されたもので、非政府が保有するバリュー投資として金よりビットコインを好む、
投資家層をターゲットとしたものです。
その他にも、暗号イニシアティブを取るFacebookや、Nike、そしてその他の企業が、
メディアの注目を惹いています。

 

 

Canacordのアナリストは、最後の行で今のところ良い見方を示しています。

 

 

”いかなる場合でも、今のところビットコインは2019年で一番良いパフォーマンスの資産です”
そう彼らは書き記しています。

 

 

引用元:Canaccord Analysts Predict Bitcoin Price Return to $20K In 2021