Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

ビットコインのデイビッドカードのオススメは?!税金はどうなっている?

 

現在、仮想通貨の取引高1位は「ビットコイン」ですが、
まだまだ投資的な側面が強く、実際の生活や、
ビジネスの場で用いられるのは稀でしょう。

では、全く実生活では使えないのかと言われれば、
実はそうではありません。

ビットコインには、私達に身近な、
デイビッドカードが存在しています。

今回は、ビットコインのデイビッドカードについて調べ
まとめました。

気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもビットコインのデイビッドカードとは?

クレジットカードは、利用可能枠が決まっており、
加盟店で利用した場合、
指定の銀行口座からお金が引き落とされます。

一方デイビッドカードは、予めチャージした
金額しか使えません。

ただ、クレジットカードのように加盟店での
決済に利用できますし(VISAやJCBなど)
チャージした分しか利用できないので、
使いすぎを抑えるというメリットがあります。

では、ビットコインのデイビッドカードは、
どんなものなのでしょうか?

簡単に説明してしまうと、ビットコインを、
利用したい国の通貨建てにして支払いができる
カードということになります。

ビットコイン用のデイビッドカードがあれば、
いちいちビットコインを法定通貨に戻し、そこから
支払う必要はありません。

これなら、ビットコイン決済に対応していないお店でも
簡単にビットコインを使って支払いができますね。

ビットコインのデイビッドカードと税金の問題

ビットコインは日本において「課税対象」です。

ビットコインは、ビットコインで保有している以上、
税金がかかることはありません。

しかし、法定通貨に両替した場合、
課税対象になります。

例えば、1万円をビットコインに投資して、
5万円まで値上がりしたとします。

その5万円分のビットコインを、
デイビッドカードにチャージした場合、
5万円(利益)ー1万円(初期投資額)
=4万円が課税対象とみなされます。

デイビッドカードへのチャージは、
法定通貨に戻すということなので、
この点は注意が必要ですね。

「節税」の認識でデイビッドカードを
利用すると「脱税」となりますので、
そこは注意が必要です。

オススメのビットコインデイビッドカードは?

ではここからは、日本のビットコインデイビッドカードを
ご紹介していきます。

尚、改正資金決済法を受けて、海外のビットコイン対応の
デイビッドカードは、日本での新規発行が不可となっているケースが
あります。

ですので、ここでは国内の有名な、
ビットコインデイビッドカードを2つ紹介させていただきます。

いずれも国内の業者なので、
安心して利用できます。

実際にビットコインデイビッドカードを
作りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

オススメその1:バンドルカード

バンドルカードは、VISA加盟店で利用できる、
デイビッドカードです。

デイビッドカードといっても、
ネット決済しか利用しない人の場合は、
専用アプリ内で発行されるバーチャルカードを
利用するといいでしょう。

実際に店舗などで利用したい場合は、
実物のカードを発行する必要があり、
その時は、300円の発行手数料がかかります。

iOS、Android共に対応しており、
アプリから管理できるバンドルカードは、
利便性も高く、非常にオススメです。

尚、バーチャルカードは、国内外ともに、
オンラインのみの決済となっています。

実物であるリアルカードは、
国内の実店舗とオンラインでの決済対応、
アプリから発行されるバンドルカードは、
国内外のオンライン、実店舗決済に対応しています。

それぞれ用途に合わせた発行が必要なようですね!

オススメその2:マネパカード

マネパカードは、MasterCardに加盟している店舗で
利用できるカードです。

日本では、Zaifと提携し、
Zaifでビットコインを購入しておけば、
そのままマネパカードにチャージできます。

マネパカードの良いところは、
マネパカードを使って、現地ATMでお金を
出金できるところです。

海外旅行する際は、ひとまずZaifから、
マネパカードにビットコインを入金しておけば、
あとは現地ATMでお金を出金する、ということもできます。

外貨両替をする手間が省けるのは、
非常に便利だと言えますね。

まとめ

いかがでしょうか?

ビットコインのデイビッドカードとは、
ビットコインを、利用したい国の通貨立てで利用できる
カードのことでした。

クレジットカードの利便性を保ったまま、
ビットコインを利用できるため、
ビットコイン決済に対応していない店舗でも
簡単に利用できてしまいます。

特に海外旅行の場合などは、
大変便利なのではないでしょうか。

まだまだ投資的な理由で注目を集めるビットコインですが、
ブロックチェーンの技術は、素晴らしいものと言えます。

今後、より実用的な場面での活躍に期待ですね。

ぜひ今回記事、参考にしてみてくださいね。