Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
Komodo(コモド)とは?特徴や将来性、購入できる取引所は? | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

Komodo(コモド)とは?特徴や将来性、購入できる取引所は?

 

今回は、仮想通貨のKomodoについて、
その特徴や将来性、購入できる取引所について調べてました。

Komodoについて調べているという方、
これからKomodoへの投資を考えている方、
どこで購入したらいいのかわからない、という方は
ぜひ参考にしてみて下さい。

Komodo(コモド)とは?

Komodoは、2016年9月に公開された仮想通貨で、
匿名性の高いプラットフォームの提供を目的としたプロジェクトです。

通貨の略号は、KMDが用いられており、
発行上限は、2億枚となっています。

コンセンサスアルゴリズムには、dPoW(delayed Proof of Work)という、
独自のコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

Komodoの時価総額ランキングは、
現在56位となっており、上位に位置しています。

Komodo(コモド)の特徴は?

では次に、Komodoの特徴を見ていこうと思います。

特徴その1:匿名性が高い

匿名性の高い仮想通貨は複数存在しますが、
その中でも有名なものに、Zcashがあります。

Komodoは、このZcashが採用しているzk-SNARKsという技術を
採用しており、匿名性の機能が高くなっています。

いわゆるゼロ知識証明というものですが、
ゼロ知識証明とは、あることを正しいと相手に証明する場合、
相手には、「このことは正しい」ということ以外は、何も伝えず、
証明する方法です。

この方法によって、送金アドレスや受金アドレス、
さらには送金数量なども匿名化することが出来るので、
取引履歴から個人情報が特定されるということがありません。

特徴その2:DEXの提供

Komodoが提供するプラットフォームでは、
DEXも提供しています。

DEXとは、分散型の仮想通貨取引所のことで、
中央に管理者が存在しない取引所のことを言います。

中央集権的な取引所と違い、中央にサーバーを置かないため、
取引所の破綻リスクがありません。

またアトミックスワップという、仮想通貨を直接ユーザー同士が
交換できる仕組みが整っているために、
余計な仲介手数料を支払わなくて済みます。

BarterDEXは、まだまだ取引量は少ないですが、
ビットコインといった主要通貨と、KMDを交換することが可能です。

特徴その3:ICOプラットフォームにも

Komodoでは、dICOというプラットフォームも提供しており、
実行したい人は、ICOを行うことが出来ます。

特徴その4:dPoW(delayed Proof of Work)の仕組み

Komodoには、dPoW(delayed Proof of Work)という
独自のコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

PoWには、電力を大量に消費するというデメリットがありますが、
その過程で必要となる計算のおかげで、ハッキングなどの
リスクを未然に防いでくれています。

なので、一概にPoWは悪く、PoSの方が優れていると断定することは出来ません。

そこで、Komodoでは、PoWのメリットを取り入れるために、
他の仮想通貨と、PoW方式を取るブロックチェーンを繋ぐ、
中間レイヤーとして、dPoWを開発しました。

これにより、まだセキュリティの弱い仮想通貨に代わって、
Komodoが、PoW方式を採用するブロックチェーン、
例えば、ビットコインなどにトランザクションを書き込んでくれることで、
セキュリティの強度を向上させることが出来ます。

Komodo(コモド)が購入できる取引所は?

Komodoは、残念ながら国内の仮想通貨取引所では、
取引されていません。

海外の取引所であるBinanceで購入できますので、
投資したいという方は、そちらから購入すると良いでしょう。

もちろん、Binanceは日本円の入金に対応していないので、
国内の仮想通貨取引所、もしくはウォレットから、
基軸通貨となるビットコイン、もしくはイーサリアムなどを
送金してから取引を始めるようにして下さい。

Komodo(コモド)の将来性は?

Komodoの売りは、ICOプラットフォームであることと、
DEXの存在、そして匿名性があるということでしょう。

ただ、現状ICOプラットフォームであれば、
イーサリアムを利用するプロジェクトがほとんどです。

実際、ERC20系のトークンは、共通してウォレットを利用出来るなどの
恩恵があるため、あえてKomodoのプラットフォームを利用するメリットは、
少ないでしょう。

そして、DEXに関しては、
セキュリティが高いといっても、まだまだ一般ユーザーには、
利用が難しいという課題もあります。

さらに匿名性通貨については、これまで犯罪に利用されてきた、
という過去があるため、今後厳しい目で見られそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

Komodoは、
匿名性の高いプラットフォームの提供を目的としたプロジェクトです。

これといって、Komodoを利用するメリットが
見つかりませんが、今後の新しい発表などに注目したいですね。