Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

トルコのTakasbank、顧客にデジタル金の送信を可能にする予定

 

 

私達は頻繁に、ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれていることを聞きますが、
現在は、実際の金がデジタル化するトークン化が可能になっています。

 

 

ちょうど先週、トルコの決済銀行であるTakasbankは、
物理的に裏付けられ、ブロックチェーンをベースとした電子金送信システムの開始をアナウンスしました。

 

 

Takasbankのデジタル金送信システム

“BiGA Digital Gold”と呼ばれるTakasbankの金送信システムは、
「ブロックチェーン技術によって時間的な制約が無く、人から人への金の送信が可能です。」
これは「実際の金をベースにし、デジタル資産への変換も可能」だと声明では付け加えられています。

 

 

公式なプレスリリースは最近公開されましたが、BiGAシステムの研究は2018年から始まっていました。
その上Takasbankは、2019年9月に同システムの試験の成功を発表していました。

 

 

12月30日に公開された声明によると、
金に向けたBiGAをさらに超え、同行は金融セクター内の現物のコモディティをデジタル化するために、
ブロックチェーンの利用も模索しています。

 

 

「努力の結果私達は、それ自体では価値は無いが、現物のコモディティをベースにし、
デジタル資産を送信するためにブロックチェーン技術の利用を可能にすることで、
世界中で類似したプロジェクトを区分けするデジタル資産送信プラットフォームを作りました。」

 

 

同行によれば、BiGA上の1つのデジタル資産は、
Borsa Istanbul Turkish証券取引所の“金庫室に物理的に保管されている1グラムの金”に相当するとのことです。

 

 

このシステムは、発行、返金と送信の3つの取引サービスを主に提供する予定です。

 

 

巨大なトルコのブランドがTakasbankのイニシアチブに参加

同国のイニシアチブが金融セクター内でのブロックチェーン利用を公約を掲げているように、
Takasbankは先駆的であるべきです。
しかしながら、金のデジタル化を進めているのはTakasbankだけではありません。
トルコでも主要な他のブランドも同様に参画しています。

 

 

そこには、州営のVakifとZiraat、そしてGaranti BBVAのような民間部門の金融機関が含まれます。
民間と州営の銀行からは、Ziraat Participation、Kuveyt Turk、そしてAlbaraka Turkが参加しています。

 

 

トルコ、ブロックチェーン公約を強化

このTakasbankによる直近のイニシアチブは、
トルコによるブロックチェーンセクターの成長を駆り立て補完する存在となっています。
昨年の終わり頃Erdogan大統領は、デジタルリラ(Turkcoin)のテストを2020に終了させると約束していました。

 

 

政府は、他分野でのブロックチェーン技術の投資を強化し始めています。
これらには、同国の経済と公共サービスセクターが含まれています。

 

 

Turksの20%のうちの数人が実際に仮想通貨を利用しており、
ブロックチェーンと仮想通貨業界でのスタートアップも多く見られています。

 

 

4月のIstanbul Blockchain Weekに向けて急ぐこの開発途上国から台頭する他のイニシアチブと
世界的なCBDCレースの中でどれくらい独走しているかは、興味深いものとなるでしょう。

 

 

引用元:Turkish Takasbank will allow customers to transfer digital gold