Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

AlgoCapital、最高技術責任者の電話のハッキングを受け資産を消失

 

Algorandブロックチェーンに焦点を当てた投資会社のAlgo Capitalは、最高技術責任者の携帯電話のハッキング後、
数百万ドルのUSDTとALGOトークンを消失したとの情報をCoindeskが掴みました。

 

 

この問題に詳しい情報筋によれば、Algo Capitalは金曜日に限られたパートナーでり、CTOのPablo Yabo氏に、
攻撃者によって管理を奪われたYabo氏によって管理されるAlgoホットウォレットが侵害されたと伝えました。
Coindeskが確認し、CEOであるDavid Garciaから送られた電子メールの内容によれば、
このハッキングで結果として、おおよそ100万ドルから200万ドル相当の仮想通貨通貨が盗まれた模様です。

 

 

“はい、セキュリティ侵害はありました”
CEOのDavid Garcia氏は、Coindeskに対して電子メールで回答しました。
“私達は、全てのAlgo Capital VC有限パートナーとコミュニケーションを図り、
この事件に関して、彼らに常に最新の情報を伝えます。”

 

 

ネットワークそのものは無傷とのことです。
ソースによれば、Algorandチームは投資会社が被害を受けて、その侵害に気づきました。

 

 

Algo Capitalは、同社のAlgo VCファンドによって200万ドルを調達し、
その資金は、Algorandエコノミーのプロジェクトサポートが意図されたものでした。
Algo Capitalの創設者で、マネージングパートナーのArul Murgan氏は、2019年8月の声明で次のように話しました。

 

 

私達の投資アプローチは特に、
次世代ブロックチェーンアプリとインフラソリューションを求める企業をターゲットしており、
これは結果として、ブロックチェーンアプリの速度向上と
Algorandネットワークへの何百万ものユーザーを獲得する手助けとなるでしょう。

 

 

同投資会社は、ブロックチェーンの実用開発を監督するAlgorand FoundationとAlgorand LLCとは分離された企業です。
パートナーに送られたメールによれば、Pablo Yabo氏は自身のポジションを辞任した模様です。
また、さらなる安全対策が同社によって行われました。
同社の多数を占める資金は、コールドウォレットに保管されており、それらはハッキングされていません。

 

 

同社はこの損失に全責任を持ち、全額の払い戻しを20ヶ月以内に行う約束をしています。
“私達は、ある主要組織と戦い、そして協業するためにセキュリティサービスと関わりを持ち、
業界で共通の問題となったこの問題に対処します”と、Garcia氏は書き残しました。

 

 

Algorandブロックチェーン自体は、他のブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題の解決策として、
2017年に、MIT教授のSilvio Micali氏によって初めて想起されました。
proof-of-stakeメカニズムとは異なるが、そのコンセンサスメカニズムの下、
ネットワークは、ブロックチェーンに次のブロックを追加するマシーンをランダムに選択します。

 

Yabo氏は、コメントに対するリクエストを早急に返答しませんでした。

 

 

引用元:Algo Capital Loses Crypto Funds After CTO’s Phone Is Hacked