Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,299.5
Bitcoin Cash
$ 224.59
?
---

北朝鮮、2020年に第2の仮想通貨カンファレンスを開催予定

 

仮想通貨を大量破壊兵器の資金に利用していると確信されている北朝鮮は、
第2の仮想通貨とブロックチェーンカンファレンスを、翌年2月に開催する予定です。

 

 

このイベントは、2019年4月に開催され、100名を惹きつけた第1のカンファレンスに続くものです。
そこでは、北朝鮮人による成功が宣言され、より大規模な第2のカンファレンスが約束されました。

 

 

2020年開催予定のこの行事には、スペインの朝鮮友好連盟に支援され、
朝鮮体外文化連絡協会によって組織化されます。

 

 

カンファレンスの公式ウェブサイトによれば、“時価総額上位10個の仮想通貨”は、
技術的側面を支援していますが、それが正確に何を意味しているのかは、
アナウンスの中からは読み解けませんでした。

 

 

第1のカンファレンス同様、規制は緩和されたかのように思われます。
米国市民は逆に歓迎され、カンファレンスに向けてデジタルデバイスが用意される可能性があります。
インターネット利用も可能になる予定です。

 

 

このカンファレンスは、2月24日から25日まで平壌の科学技術殿堂で開催され、
ここは2016年に、奇妙な原資状構造を持つ建物として金正恩氏によってオープンされました。
26日には、プライベートなビジネスミーティングが調整される可能性があります。

 

 

北朝鮮は、約20億ドル相当の仮想通貨窃取と、それらを兵器開発利用に充てたことで責任を問われています。
韓国と日本の仮想通貨取引所は、ターゲットとして確認されており、
ユーザーアカウントへのハッキングのため、フィッシングが利用されました。

 

 

より一般的には、暗号資産のボーダレス現象により、
北朝鮮が、取引と金融取引所を迂回するために、仮想通貨を利用するかもしれないという懸念が浮上しています。

 

 

北朝鮮の暗号飛躍を達成する助けになる可能性に加え、
このカンファレンスは、西側への警告を送りながら、通信の開放性という
プロパガンダ的価値を持つと思われます。

 

 

明らかに悪意がある水準ではなく、このカンファレンスは
北朝鮮のツアリズムを盛り上げるための遠回しな方法であり、
2020年の暗号イベントには、主体思想塔から、2日間のスキー旅行を含む、
広範囲にわたる旅行日程が含まれています。

 

 

引用元:North Korea to Hold Its Second Crypto Conference, Telegraphing Openness