Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

Braveブラウザが新しい暗号ウォレットへのアクセスを追加

 

さらなるウォレットの特徴がBraveブラウザに向けて順調に進行中です。

 

 

Brave公式サブレディットのr/BATProjectの投稿内容によれば、
ネイティブ仮想通貨ウォレット向けサポートがBrave Nightlyに追加されました。
Brave Nightlyは、Braveブラウザのテスト開発段階のバージョンです。Braveの三部からなるマーケティングシステムは、
同社のトークンを通じて、コンテンツ作成者、広告主、そして閲覧者に報酬を与えます。

 

今回のアップデートでは、他の仮想通貨ウォレットを受けれ、
BraveのBATを利用するために、特にMetaMaskが導入されています。すべての取引は初めに、
BraveがBATに向け提携したウォレットであるUpholdを通じて本人確認義務(KYC)要件を受ける必要があります。

 

 

MetaMaskもしくは、MyEtherWalletのような他のイーサリアムウォレットのサポート不足は、
トークンがリリースされてから、Braveコミュニティ内で共通の不満となっていました。
このボトルネックは、しかしながら自らデザインしたものでもあります。
Braveは仮想通貨のユースケース、コンテンツ生成チッピングをうまくいくことを望みました。
もしかすると、さらに重要なことは、UpholdプロバイダーのKYCサービスです。

 

 

CoinDeskとの対話で、Braveの共同創設者であるCEOのBrendan Eich氏は、KYCへの関心事は、
依然として、規制関連の懸念から最優先事項のままであると話していました。

 

 

“Ledgerもしくは、Trezortsが私達を排除するためにBraveは偽装ボットを許すわけにはいかず、
もし外国資産管理局がBATを排除しようとして、罪人として掲載するようであれば、
私達は刑務所行きを避けなければいけません。”そうEich氏は話しました。
“BATは、Upholdを通じて従順であり、そして私達の成長数や発行者、
そしてユーザーを引証しながら、決断を簡単に定義します”
Eich氏によれば、Braveは、P2Pウォレットを規制当局者の価値を下げるためにサポートを追加するのではなく、
コミュニティを前進させるために行うと述べています。ウォレットサポートの追加は、
Braveをごたごたに巻き込まないとしながらがらも適用性を手助けできることになるとしています。
Eich氏は次のように述べています。

 

 

私達は、未完成の仮想通貨が、
ほとんどのユーザーに向けたものではないということについて思い違いはありません。
それは利用できず、あまりに技術的です。
私達はBrave上で、暗号ウォレットを統合利用可能なユーザーに利用してもらいたいと思っています。
これらのユーザーは、革新を起こし、場所とルート、ハードウェアベンダー、プロキシされた
フルノードサービス、そして中心的な手順におけるより好意的なブロックチェーンと、実行レベル、
私達、もしくはブロックチェーンのプロジェクト等の単体でできる革新を超え、コラボすることができます。
私達は、’リードユーザー’を好み、彼らに追加的な選択肢を提供します。

 

 

このウォレットアップデートは、アルゼンチン、デンマーク、イタリア、韓国、そしてシンガポールを含む
21の新しい国々にBrave Nightly上へ対象外の広告を追加して、数日後に行われます。

 

 

引用元:Brave Browser Adds Access to New Crypto Wallets