Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,060.1
Bitcoin Cash
$ 204.27
?
---

仮想通貨取引所Bibox(ビボックス)とは?特徴や登録方法、二段階認証設定方法をわかりやすく解説!

 

この記事では、海外仮想通貨取引所Bibox(ビボックス)の特徴や登録方法、
二段認証認証の設定方法を紹介しています。

 

 

Biboxがどのような取引所か気になるという方や、
これから実際に利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

Bibox(ビボックス)とは?

Biboxは2017年に設立された中国系の仮想通貨取引所で、
Bibox Technology Ltdによって運営されています。

 

 

中国系ではありますが、エストニアの関連法によって
エストニアに設立されている仮想通貨取引所です。

 

 

仮想通貨取引所と言えば、Binance、OKEx、Huobi Globalなどの大手取引所が有名ですが、
Biboxもその取引量を伸ばしており、2019年7月現在、調整取引量においては9位に位置しています。

 

 

Bibox(ビボックス)の特徴は?

では次にBiboxの特徴を見ていくことで、さらにその詳細に迫っていきましょう。

 

 

日本語にも対応

海外仮想通貨取引所は、日本の金融庁からの警告を避けるため、
日本語サポートに対応していないところが多いですが、Biboxは一部日本語にも対応しています。

 

 

ただし、全てのページが日本語に対応しているわけではないので、
Google翻訳などの機能を利用するなどの対策が必要です。

 

 

ちなみにBiboxは、日本語以外にも中国語、英語、韓国語、ロシア語、
ベトナム語、トルコ語にも対応しています。

 

 

取引所独自のBIXトークン

Biboxは、Binanceが発行する取引所トークンのBNBのように、
取引所独自のトークンを発行しています。

 

 

BIXは、ERC20に準拠したトークンで、
Bibox内で基軸通貨としての役割を果たしています。

 

 

また、BIXトークンのホルダーには、Bibox取引所が得た収益の30%を
毎週シェアするという特典が付与されています。

 

 

さらに、BIXトークンの発行には上限があり、
Bibox取引所の25%の利益が毎期ごとに買い戻され、バーンされることによって、
トークンの価値を高める工夫を加えています。

 

 

レバレッジ取引も可能

Biboxでは、現物取引に加え、USDT(テザー)を基軸とした、
レバレッジ取引も可能となっています。

 

 

Bibox(ビボックス)の登録方法は?

ではここらからは、実際にBiboxへの登録方法を紹介していきます。

 

 

Biboxでは、携帯電話番号を利用した登録方法と、
メールアドレスを利用した登録方法がありますが、
今回は、メールアドレスを利用した登録方法を紹介していきます。

 

 

まずは公式サイトにアクセス

まずは、Biboxの公式サイトにアクセス後、画面右上のメニューから、
言語設定を日本語に変更しておきます。

 

 

変更後は、同じメニュー中にある「新規登録」をクリックして下さい。

 

 

必要事項の入力

クリックすると、必要事項を入力する画面に移動しますので、
上から順番に、メールアドレス、パスワード、パスワードの再入力を行っていきましょう。

 

 

パスワードは、最低8桁、最大20桁まで設定することが可能で、
英数字の混合で必ず大文字を含める必要があります。

 

 

パスワードは、アカウントを保護する上でとても大切なものなので、
誕生日や自分の名前など、推測されやすい数字や文字列は避け、
極力長く、ランダムな文字や数字を含めるようにしましょう。

 

 

また記号を含めたパスワード設定も可能なので、
記号も混合させることで、さらにパスワードの強度を上げるようにして下さい。

 

 

パスワードを再入力したら、最後に「新規登録」をクリックします。

 

 

すると、パズルによる認証画面が表示されるので、
バーをスライドさせて、パズルを完成させましょう。

 

 

メールアカウントへ移動

認証後は、先程入力したメールアドレス宛にBiboxからメールが届いているので、
そのメールを開封して下さい。

 

 

メールの文中にある「Complete Your Bibox Registration」をクリックすれば、
Biboxでの取引が可能となります。

 

 

二段階認証設定を行っておこう!

仮想通貨取引所に資産を保管する場合、その資産が100%安全に保管されるとは限りません。

 

 

仮に取引所が破綻したりハッキング被害に遭った場合、
自分の資産が保証され無いケースあります。

 

 

ここでは、自分のアカウントのセキュリティ性を高めるために、
二段階認証の設定方法を紹介していきます。

 

 

まずはログイン

まずは、Biboxにログインし、画面右上メニューの中にある
人のマークをクリックして下さい。

 

 

クリックすると、メニューが一覧で表示されるので、
その中の「ユーザー情報」をクリックしましょう。

 

 

すると二段階認証の項目に、グーグル認証があるので、
その横にある「登録」をクリックして下さい。

 

 

Google Authenticatorで読み込み

クリック後、画面中にQRコードが表示されるので、
そのQRコードをスマートフォンにインストールしてあるGoogle Authenticatorに読み込ませます。

 

 

QRコード下にあるSecurity Keyは、
復元時などに必要となるキーなので、必ず紙などのオフライン媒体に書き写し、
人目につかない場所で大切に保管しましょう。

 

 

最後に、取引所にログインする際のパスワードと、
Google Authenticatorに表示されている6桁の数字を入力後、
「確認」をクリックすれば、二段階認証設定の完了となります。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

Biboxは日本語にも対応した海外仮想通貨取引所です。

 

 

大切な資産を保護するためにも、登録後のセキュリティ設定は怠らないようにしましょう!