Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,478.2
Bitcoin Cash
$ 264.69
?
---

取引所の巨獣、バイナンスがシンガポールに支店をオープン

 

CoinMarketCapによると、取引量で最高峰を誇る仮想通貨取引所のバイナンスは、
同社のエコシステムにおいて、3番目の運営となるシンジケートをシンガポールで開始しました。

 

 

暗号マーケットが成長する中、この新しい取引所は、
仮想通貨をシンガポールドル(SGB)で売買することができるようになる予定です。
シンガポールの強化された規制環境と、東南アジア金融の中心的位置付けは、
ブロックチェーン企業と利用者の経済圏繁栄を導きました。

 

 

先立つソフトウェアの始動において、バイナンスシンガポールは、
4月から1週間毎に平均20%のユーザー増加が確認されています。

 

 

”私達は、戦略的パートナーの多大な貢献のおかげで、
これまでのバイナンスシンガポールに対する肯定的な市場の反響に対し、謙虚な思いです。”
創業30年グループのベンチャーキャピタルファンドのVertex Vetuntresに言及しながら、
バイナンスのCEOであるChangpeng “CZ” Zhao氏はそう話しました。

 

 

Vertexは2018年、都市国家内に暗号取引所を開発するという明確な目標とともに、
バイナンスに戦略的投資を当初行いました。
投資された合計額は、公開されていません。

 

 

発表によると、Vertexは”島を超え、備えるために”
法定通貨対暗号通貨のゲートウェイ設立にも貢献しています。

 

 

地元スタートアップであるXfersと提携は、
バイナンスと、いかなるシンガポール取引所との間に発生する取引手数料の最低化を確実にしています。
Xfersは、取引ボリュームとカスタマーオンボーディングの管理に助力します。

 

 

預金と引き出しに関しては、送金システムのシンガポールFAST、
いわゆるFast and Security Transfersを通して実行されています。

 

 

オリジナルプラットフォームでは、何百という暗号資産の利用が可能ですが、
バイナンスシンガポールでは、ビットコインとイーサリアム、
そしてバイナンスコインの3つの資産のみでスタートさせる予定です。
同社によれば、市場が成長し、コンプライアンスとセキュリティが確かなものとなれば、
追加の資産等の導入もあるとほのめかしています。

 

 

直近のバイナンスは、ビットコインを同社独自のブロックチェーンと紐付けることと同様に、
ステーブルコインの導入計画といったサービスや企画を拡大しています。
また、同社は将来、20倍レバレッジの暗号商品を始動する予定です。

 

 

引用元:Exchange Behemoth Binance Opens Singapore Branch