Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,426.5
Bitcoin Cash
$ 262.14
?
---

【上半期】上位10通貨でXRPは最低のパフォーマンス、BNBは突出

 

一般的に2019年の上半期は、暗号資産にとって好況であり、
特にバイナンスコインその最たる例でした。
一方XRPは、どちらかと言えば、かろうじて些細なな上昇で保っているような状況です。

 

 

CoinMarketCapのデータソースによれば、
6月30に、時価総額第3位を誇る仮想通貨は、その値を0.396411ドルで終え、
これは、2019年1月1日に見られた開始価格の0.352512ドルより12.45%の上昇を意味しています。

 

 

いずれの標準スタンダードも悪いわけでは無い一方で、
バイナンスコイン(BNB)の424%という驚異的な上昇と比べると、
二桁の上昇は活気が無いと言えるでしょう。

 

市場規模で第7番目の仮想通貨であるBNBは、
バイナンスプラットフォーム上の取引手数料を含む、様々な用途に利用される同取引所のネイティブトークンです。
BNBの価格は、1月1日に6.19ドルからはじまり、6月30日には32.44ドルで終わるという上昇を見せ、
これは2019年上半期において、上位10通貨の仮想通貨の中で最高のパフォーマンスを誇ります。

 

 

BNBは、6月22日に到達した過去最高値の39.52ドルの記録を保持しつつ、
現在は、33.50ドルで取引が行われています。
バイナンス上で成長する取引行動の役割とは別に、
BNBは、Binance Launchpadとよばれるトークンセールプラットフォームからも利益を得ている可能性があり、
このプラットフォームの参加者は、BNBを購入する必要があります。

 

 

一方、他10通貨の仮想通貨(ステーブルコインのテザーは除外)もまた、
過去6ヶ月で、飛躍的な上昇を見せながらXRPより優れた結果を残しています。

 

 

ライトコインは、8月に差し迫ったマイナー報酬の半減の影響を受けて、
6ヶ月ぶりに301%の反騰を見せました。

 

 

時価総額トップのビットコインは、188%上昇し、2020年に予定された半減期に向けて、
さらなる上昇が確実視されています。
さらに市場を魅了する物語であるFacebookの法定通貨で、政府債を裏付けとするLibraは、
反対に設立された資産のビットコインとは、差し引きプラスの結果となるでしょう。

 

 

ビットコインの7,000ドルの上昇は、その他の仮想通貨にとって良い兆しとなる一方で、
XRPにとって良いことは、ほとんどありませんでした。
もし私達がXRPのチャート上で、強気のテクニカル発展を考慮するならば、
この鈍感なパフォーマンスは、さらにろうばいさせることになりそうです。

 

 

まず第一に、5月の終盤、XRPの50日間の移動平均線(MA)は、200日の移動平均線上に交差し、
長期的な強気市場を示すサインであるゴールデンクロスの確認が取れました。
6月のはじめには、100日間と200日間のMAからも強気相場のクロスオーバーを形成しています。

 

 

しかしながら買い手は、継続的に0.49ドル上を持続できていません。

 

 

6月22日、XRPが、より高い位置でコントラクトトライアングルパターンを突破したことにより、
状況は望ましいものとなっていました。
しかしこのブレイクアウトは短期的なもので、6月27日に価格は12%も下落しました。

 

 

このブレイクアウトの失敗は、さらなる売りを呼び、
5月24日以来の最低レベルである0.37ドルまで落ち込みました。

 

 

展望として、6月26日高値の0.5ドル以上をブレイクするには、
弱気相場から、強気相場への長期的なトレンド転換が必要となるでしょう。

 

 

引用元:XRP Was Worst Performing Top-10 Crypto in H1 – But BNB Shone