Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 9,333.1
Bitcoin Cash
$ 418.00
Ethereum
$ 270.98

G20、厳格と予想される新たなFATFルールを暗号業界適用を再確認

 

G20の参加国は今月、資金洗浄に関する金融活動作業部会(FATF)によって完了される、
マネーロンダリング対策(AML)とテロ資金供与対策(CFT)の基準を調整することで再確認しました。

 

 

先週末、G20各国の財務大臣と中央銀行の頭取が福岡で対面し、
日曜日には、財務省のウェブサイトにルールの適用を約束するという公式声明を発表しました。

 

 

FATFの基準は、暗号取引所に向けて厳格な事務作業を適用することが予想されており、
ほとんどの取引所で遵守されている基礎的な顧客確認(KYC)を上回るものとなりそうです。
加えて、ユーザー等の身元確認記録の確証と持続をすること、取引所と他のサービス提供者は、
米国では”travel rule”と知られており、ちょうど銀行でも行われているように、
顧客の情報を相互に伝える必要が出てくる模様です。

 

 

ブロックチェーン分析企業のChainalysisは最近、2月に打ち出された草案資料から
予期される変更に対して、非現実的で暗号業界に害があると講義していました。

 

 

しかしながら、G20では暗号資産法律による脅威が熟考され、
仮想通貨のポテンシャルが認識されました。
公式声明で、G20のグループは次のように発表しています。

 

 

基礎的となるこれらの暗号資産を含む技術的なイノベーションは、
金融システムと、広域経済に重大利益を生み出してくれます。
現在のところ、暗号資産は世界金融の安定性に対する脅威であり続けていますが、
顧客と投資家保護、マネーロンダリング対策(AML)とテロ資金供与対策(CFT)を含む
リスクに対しての警戒を怠らない姿勢は崩しません。

 

 

また金融安定理事会(FSB)に追加的な措置も検討も要求しており、
そしてリスクを監視するための別の基準設定団体や、
必要に応じた追加的な多国間での課題の考慮などの措置も模索しています。
G20は、4月に公開されたFSBの暗号資産規制当局の規則書と、レポート上にある規制当局のアプローチ、
そして暗号資産規制との”ギャップ”の潜在性を記した進行中の課題を歓迎していました。

 

最後には、暗号業界のハッキングに関して演説が行われました。

 

 

私達は、サイバーレジリエンスを高める努力を増大させ、
サイバー事件からの回復と、FSBの効果的な身元確認実証のイニシアチブへ応える進捗を歓迎します。

 

 

引用元:G20 Reaffirms It Will Apply Expected Tough New FATF Rules on Crypto