Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
ビットコインのライトニングネットワークを使った支払いが日本のバーで可能に? | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

ビットコインのライトニングネットワークを使った支払いが日本のバーで可能に?

 

日本国内のバーは、実験的な支払いネットワークを利用して、
顧客にスパークリングワインと、ソフトドリンクの支払いを可能にするため、
国内に拠点を置くライトニングスタートアップと提携します。

 

 

6月に、国内に拠点を置くライトニングスタートアップのNayutaは、
”フィールドテスト”と彼らが呼ぶ支払いシステムの試験を行うため、
awabar fukuokaと提携する予定です。

 

 

ライトニングネットワークは、利用者がすぐに支払いシステムを利用できるようになる、
ビットコインスケール拡大の一番の手段としてサポーターから見なされてきましたが、
この技術はむしろまだ、試験的なものでさらに利用にはリスクが伴います。
最終的にNayutaは、このプロジェクトをどのように同技術が実世界で機能するか
さらなる分析を進める方法としてみなしており、そして、より利便性を向上させるために
どのようなこと必要性とされているのか見つけようとしています。

 

 

しかしawabarは、技術をデザインしているのではなく、”喜んで”参加したこと、
実店舗シチュエーションでテストを行うために、実験的な技術の場を提供したことが、
彼らの”役割”だと話しています。

 

 

同社は声明中で次のように話しています。

 

 

”私達は、ライトニングネットワーク支払いシステムと共に、
コミュニティの普及の手助けを願っています。”

 

 

Nayutaは、ライトニングネットワークと最近リリースされた、同社の
接続されたデバイス、もしくはインターネット・オブ・シングス(IoT)向けに
明確に連動した、新興支払いレイヤー実装の仕様書作成を手助けすることで知られています。

 

 

このアイディアは、構成技術をより安価にするもので、
冷蔵庫とテレビのような、より多くのデバイスが、データ収集を目的にインターネットに接続されます。

 

 

引用元:Can Bitcoin’s Lightning Network Power Payments in a Japanese Bar?