Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,903.6
Bitcoin Cash
$ 408.11
Ethereum
$ 251.43

米国証券取引委員会(SEC)、暗号専門家の新規雇用を検討

 

米国証券取引委員会(SEC)は、さらにもう一人の”暗号スペシャリスト”の
雇用を検討しています。

 

 

USAJobsの求人票の公式政府職ポータルにおいて、
SECの取引および市場部門は、暗号分野とデジタル証券に対応し、
”包括的な計画”を前進させるべく、新しい法律専門家の雇用を計画しています。

 

 

デジタル資産と暗号関連、すなわちブローカーとディーラー、取引所、
精算機関と移転登記、取引所の製品であるアプリ、セールスとトレード業務など、
これら知識を連邦証券にどのように適用させるかが、
新規雇用者の重要な職務の1つになります。

 

 

候補者の中から採用された人は、SECのフィンテックワーキンググループの
責任者としても働くことになり、金融安定監督評議会(FSOC)のデジタル資産ワーキンググループとの
連絡役としての役割も果たすことになります。
広告によると、さらに米国と同国内の当局、市場参加者、国民との窓口として同部門に仕えることになります。

 

 

職業内容で基本的に必要とされる内容を考慮すると、
志望者は、法務博士過程、もしくは法学士(LL.B.)を修了している必要があり、
連邦弁護士会のアクティブメンバーで高い評価を得ている必要があるようです。

 

 

さらに、4年の弁護士としての法務職を経験している必要があり、
証券業界に関する法律の解釈と適用、特に1934年証券取引所法を
他の規制領域で重点的に取り組んだ経験が求められます。

 

 

2年間の試用期間が初めは適用され、給与は14万4,850ドルから23万8,787ドルが1年間で支払われます。
応募期限は4月12日までとなっています。

 

 

この求人は、注目すべきことであり、米国内の仮想通貨業界のグレーゾーンにおける規制を
明確化する動きです。
昨年の6月、SECは初めて仮想通貨界の皇帝であるValerie Szczepanik氏とアポイントを取り、
コーポレーションファイナンス部門のアソシエイトディレクター、そして
デジタル資産とイノベーションのシニアアドバイザーとして迎え入れました。

 

 

Szczepanik氏は、全てのSEC部門と、ICOと仮想通貨を含む
デジタル資産テクノロジーとイノベーションの出現に関する米国証券法の適用を行う事務所との
調整役を担っています。

 

 

引用元:The SEC Wants to Hire a ‘Crypto Securities’ Advisor