Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,304.1
Bitcoin Cash
$ 308.22
?
---

IBM、28トンのオレンジ輸送の追跡を行うブロックチェーン試験を完了

 

IBMは、中国からシンガポールへ輸送するマンダリンオレンジを追跡するために利用される
ブロックチェーンテクノロジーの試験を完了させました。

 

 

本日公表された内では、28トン分のオレンジ、おおよそ108,000個分のフルーツを含む
3000箱が中国で2月5日から始まる旧正月へ向け輸送されました。
(IBMは、マンダリンオレンジは繁栄の象徴であると説明しています。)
そして、主要となる出荷伝票と船荷証券はブロックチェーン上に記録されます。

 

 

これら書類は、商品受領書、輸送契約の積荷所有権の証明として役に立ち、
貿易金融を提供する銀行を含む、全ての輸送関連当事者間にメールで送られます。
このパイロットに向け、IBMはe-BLと呼ばれる電子積荷証券を新たに創りだし、
一般的な紙ベースの手順が5日から7日かかる一方で、e-BLは、
管理プロセスの削減とスピード向上により”ちょうど1秒で”書類作成の流れが自動で行われると同社は主張しています。

 

「e-BLを使うことで、私達は全ての輸送プロセスがどのように簡略化され、
そしてかなりのコストカットともに、さらなる透明性がもたらされるでしょう」
フルーツ輸入業者Hupcoの会長でありCEOのTay Khiam Back氏はプレスリリース中でそう述べていました。

 

 

コスト削減

書類作成プロセスの時間短縮化によって、この試みは、
電気が利用される冷蔵積荷コンテナを、業者が集荷を港で待つ間の保存コストや、
その他費用といった事業費が、ブロックチェーンベースの電子システムでは
削減されるということを証明したとIBMは伝えています。
また、このシステムは情報をより扱いやすくするために開発され、
このシステムは追跡と保存記録の不正開封防止を、全ての偽造の内、
その40%が偽造書類が占めると言われている海運業界のために提供されています。

 

 

「現在は、私達は海運業界とその権威から非常にポジティブなフィードバックを
受け取っており、私達のブロックチェーン開発の可能性が、変革と切望されていた効率性のイノベーション促進を、
どのように同業界に吹き込めるか夢中になっています。」
パシフィック・インターナショナルライン・ラインズの執行役員であるLisa Teo氏は、
プレスリリース中でそう述べていました。

 

 

今月の始め、IBMはまた別のブロックチェーンによるサプライチェーンパイロットを
発表しており、それはコンゴ共和国で採掘され、中国の精錬所と韓国のバッテリー工場を経て米国のフォード・モーター工場へ向かうコバルトの移動を追跡するとしています。

 

 

一番著しかったことは、IBMの食品信頼ブロックチェーンが、ウォルマートの参加とともに稼働し始めたことでしょう。

 

引用元:IBM Completes Blockchain Trial Tracking a 28-Ton Shipment of Oranges