Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

韓国の政策責任者、ICOの合法化を求める

 

韓国の国家政策委員会の議長は、導入される既存の帰省枠組の中に、
ICOの合法化を求めています。

 

コインデスクコリアによると、韓国の民主党の議員である
Min Byung-Doo氏は、トークンセールが世界的に主流になりつつある現在、
「ICOのドアが完全に閉ざされることは、本当に望まないし、
この国家は、それを無視はできないでしょう」と話しました。

 

政策議長は、国会の本会議にて話しましたが、
その時点で議員はその質問の政府への答えを保留していました。

 

信頼された産業を構築するため、ICOは規制されるべきだと、Min氏は強調しています。

しかしながら、職員は問題に対して新しいルールの策定には、
気が進ままないような姿勢を示唆しています。

 

特に彼は、詐欺的な投機や資金洗浄は強く厳しく規制されるべきだとしてしており、
そして仮想通貨業界は、自己管理と安全基準も設けるべきだとしています。

 

韓国の金融監視機関は、ICOの禁止を2017年9月に発表していましたが、
法律の施行にはまだ至っていません。

 

立方議員は、トークンセールの経済的なアドバンテージを指摘し、
仮想通貨において悲観的な見方がある一方で、
多くのトークンプロジェクトには、様々な将来性があると語っています。

 

多くの資金がトークンセールに流入する中で、Min氏は、
次のように語っています。

 

私達は、ICOとエンジェルファンディングを比べた時に、
投資金の流れがより明瞭に見ることができます。
テレグラムのICOは、17億ドルを調達、
Block.Oneでは4億ドル、それらは次第に大きくなりつつあります。

これまでの取り組み

いくつかの法案が仮想通貨の合法的な枠組みとして韓国の国会に提案されており、
その例には、政策委員会管轄下の立法行為などがあります。

 

Min氏が委員会の議長であり、ICOが法律で認められるべきという
彼の強い信念の姿勢は、もしかたら将来的に規則を破ることが出来るかもしれません。

しかし、どの法的整備も、将来の政治局の本会議で投票をクリアしなければなりません。

 

その上、Lee Nak-yeon首相がブロックチェーンテクノロジーを支持する一方で、
副作用と市場加熱を懸念してICOを禁止するとしています。

 

別の声明でMin氏は、政府の科学主任に対してパネルディスカッションで、
「政府と本会議、ブロックチェーン協会に投機や資金洗浄、
詐欺を防ぐために、すぐにでもワーキンググループを作らせ、
そしてブロックチェーン業界を発展させるべきだ」と討論していました。

 

引用元:South Korea’s Policy Chief Calls for Legalization of ICOs