Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

OECD、ブロックチェーンの潜在的影響力を審査するイベントを開催

 

OECDは9月に、国際的なブロックチェーンテクノロジー会議が開催しました。

OECDの本部があるパリで、9月4日、5日に開催された、この会議では、
特に、ブロックチェーンが政府活動へ与える影響を吟味し、
OECDの事務総長であるAngel Gurría氏、セルビアの首相を務めるBermuda氏、
モーリシャス共和国、そしてスロベニアの副大臣の参加は、
この会議を特徴づけるものとなりました。

このフォーラムは、ライブストリーム配信されました。

また、この会議では、400を超える政策決定者が政府機関、
または民間セクターからの参加でした。

出席者は、グローバル経済におよぼすブロックチェーンの潜在的な影響、
プライバシーやサイバーセキュリティ、包括的にどうブロックチェーンを使い、高めていくかの
会議が行われたました。
同会議では、グリーン成長戦略の持続可能性やガバナンスの強化、
施行が促進されるとしています。

「ブロックチェーンは、幅広い産業分野に変換できる潜在的な能力があります」
ブロックチェーンは、十分な可能性がある一方で、整合性のプロセスや、
十分なポリシーの必要性、悪用に対するリスクを処理する対策に依存しています。」

各国政府や、国際的なコミュニティは、
現れる課題や、透明性の養成、公平性、ブロックチェーン利用の基本となる安定したマーケットを
調整する上で、政策や規制枠組を形作る上で重要な役割を果たすだろうと、報じられています。

この夏の初め、OECDの財政と企業競争委員会の理事会は、
「ブロックチェーンテクノロジーと競合ポリシー」と名を打ったレポートを、
来たる会議のために発行しました。

レポートでは、政府や民間セクターに対して、様々なブロックチェーンアプリケーションの
テクノロジーに関して強調しています。

また、ブロックチェーンの原理や、R3を例に引用しながら、
ブロックチェーンプラットフォームを構築する団体には注意を払うよう促しています。

レポートでは、ブロックチェーンテクノロジーに多くのテクノロジーに
言及しており、そこには、税金や法規制からの取締を避けた金銭的なサポート、
主権者主体の仮想通貨による財政政策、公共サービスの透明性を高め、
市民権の証明と、身分確認のための電子住居権に関することも含まれていました。

さらに、年金の支払い、社会制度保障、同様に安全で強固なプラットフォーム情報の
共有という利用シーンも追加されています。

引用元:OECD Event to Examine the Potential Impact of Blockchain