Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,546.2
Bitcoin Cash
$ 214.10
?
---

「Satoshi」という単語がオックスフォード英語辞典に追加

 

オックスフォード大学出版局から発行されたオックスフォード英語辞典は、
英語の概略の中に“satoshi”を追加しました。

 

 

初めに使われたのは7年にも満たない前のことで、satoshiは辞書に追加された最も新しい言葉です。
この追加は、関心を集めたソースのデータベースに対する四半期ごとの更新の一環であり、
そのデータベースには、“Manhattanhenge”、“whatevs”そして、修正履歴の“fake news”という言葉が含まれています。

 

 

現在の公式OEDの定義によれば、1つのsatoshiは、
“ビットコインデジタル決済システムにおける最小の通貨単位であり、
1ビットコインの1億分の1と等しい”もしくは、0.00000001 BTCとしています。

 

 

OEDの辞書編集者は言い回しに対して説明的な方法を取り、これはその辞書が、
どのように言葉が出現し、人々の中で成長もしくは衰退し、そして時とともに定義が変化してきたかを意味しています。

 

 

OEDの方針は、次のように述べられています。

 

 

“辞書利用者ができるだけ早く好転できるよう私達が新しい言葉を利用できるようにするために、
私達の目的は、出現するボキャブラリーを監視し、記録することです。”

 

 

この名詞利用は、Ripple Project、2012年にはUsenet newsgroup、
Guardianでは2013年、Timesには2017年に引用されました。

 

 

OEDは、特にアメリカとイギリスの発音の違いについても言及しています。
Satoshiの中にある“o”は、footの音のような“ʊ”であり、一方英国の“o”は、“lot”の音のような“ɒ”と発音されます。

 

 

この言葉は、ビットコインの創造者、もしくは創造者等の“ペンネームかもしれない”、
Satoshi Nakamotoという固有名詞に由来しています。
この文脈では、Nakamotoは外来語由来、もしくは後の言葉に由来したワードです。

 

 

興味深いことに、権威者による文法書の状態では、
唯一、パンくずリストを残した謎めいた創設者が、初めてビットコインの計画を描写したウェブサイト上で、
誕生日を聞かれたことを参照し“Nakamotoは、伝えられるところによれば、1975年生まれ”と述べていることです。

 

引用元:‘Satoshi’ Enters the Oxford English Dictionary