Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,323.6
Bitcoin Cash
$ 225.00
?
---

最大規模を誇るビットコインATMネットーワークのCoineme、RippleのXpringから新たな資金を調達

 

キオスク端末やデジタル通貨向けATMを提供するCoinmeは、
シリーズAラウンドで、150万ドルを調達し、これには、
Rippleの子会社であり、ブロックチェーン財政ファンドのXpringが含まれていると同社は発表しました。

 

 

資金調達による収益は、米国と世界における追加的なライセンス拡大に充てられます。

 

 

共同創設者であり、CEOのNeil Bergquist氏は、CoinDeskに対して、
Coinmeは、ビットコインATMを稼働するため、29の州でライセンスを付与されており、
近い将来、さらなる州ライセンスの申請を予定していると話しました。
世界マーケットにおいてCoinmeは、ヨーロッパと仮想通貨に高い人気のある中南米の国々に目を向けていと、
Bergquist氏は追加しました。

 

 

Xpringは、Rippleの発展を主導しており、同社はブロックチェーンテクノロジー企業への投資に焦点をあて、
ビットキオスク産業が初めての投資先となっています。

 

 

Bergquist氏は、Coinmeは前回の資金調達で合計450万ドルを調達し、そこには、
Coinstarによるここ数年に渡る部分的な転換社債として350万ドル、そして2017年初旬の
ベンチャーファンドからの150万ドルが含まれていると話しました。

 

 

2,500以上の地域で展開しCoinmeは現在、世界で最大規模のビットコインキオスクネットーワークを提供しています。
Coinmeは、2014年に仮想通貨取引所として始まり、それから同社サービスをコイン交換機のCoinstarと1月に統合しました。

 

 

Coinstarのキオスク端末は、紙幣やコインをモバイル端末に送金できるコードに交換することを顧客に可能にしており、
これは暗号資産で2,500ドルまでの交換に使用できます。
この提携は、キオスク端末が主に、スーパーマーケットといった公の場に設置されることを前提に、
今年の初旬に発表されました。

 

 

暗号キオスクとビットコインATMは、コイン利用の急増に伴って、急速にその利用人口が成長しました。

 

 

Coin ATM Raderのデータは、2017年からの実働暗号ATMの導入数の増加が、5倍近くになったことを示しています。
この夏の初旬には、ビットコインATMのLibertyXがサービス中で1,000キオスクを超えることとなりました。

 

 

キオスク等を除いて、Coinmeは、高い取引量を誇る機関投資家等向けにコンシェルジュ取引と、
自律によるIRAと401(k)のような、仮想通貨退職オプションを提供しています。
Bergquist氏は、数あるサービスの中の一つは、
最低投資額5,000ドルの富裕層向け上級証券取引サービスを提供していると話しました。

 

 

この新たな資金調達はさらに、個人投資家が決済と送金に仮想通貨を使う手助けとなるオンラインウォレットの
開発に利用される予定です。

 

 

引用元:Largest Bitcoin ATM Network Coinme Raises New Funding from Ripple’s Xpring