Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,478.2
Bitcoin Cash
$ 264.22
?
---

ツイートの調査で、米国がビットコインとLibraについて最も投稿していたことが判明

 

新たな調査によれば、ビットコインとFacebookが計画しているLibraに関する
ツイートの量は、米国が牽引していることがわかりました。

 

 

暗号トレーディングプラットフォームのThe TIEは、ツイッターのスレッドを通して、
ツイッター上の38.9%の投稿が米国から流入しており、
第二位の英国からは10.5%が流入しているという調査結果を公開しました。

 

 

次いで多くのツイートが、カナダ、トルコ、インド、オーストラリアの降順でつぶやかれています。

 

 

The TIEの調査は、感情の部分にも及んでおり、これはすなわち、
ビットコインについてどのツイートがポジティブ、もしくはネガティブな発言をしているかということです。
調査でわかったことは、ビットコインに関するツイートを投稿した全ての国の内、少なくとも0.5%である
ペルーが一番ポジティブであり、第2位から第5位までの国はそれぞれ、
マレーシア、インドネシア、ベトナム、そしてイタリアとなっていました。

 

 

こうした国家の中で、仮想通貨に対して著しくネガティブな傾向にあったのはベネズエラであり、
同国は最近、否定的な側面を見ることで、全てのツイートの内62%がネガティブな投稿を寄せています。
ベネズエラは、自国の通貨危機により仮想通貨に対する関心が急激に高まったと捉えられていたことから、
この結果は、もしかしたら驚くべきことなのかもしれません。
ベネズエラに続き、メキシコ、エストニア、ブラジル、そしてアイルランドが降順でネガティブな投稿が多かった国々です。

 

 

THE TIEによれば、米国は一般的に、ビットコインに対して61%のツイートが好意的であり、
”極めてポジティブ”だと付け加えています。
世界では平均的に、59.8%のビットコイン関連ツイートがポジティブな傾向を示しています。

 

 

さらに、最近Facebookが公開し、計画している賛否両論のLibra仮想通貨については、
これまでのところ、内容を簡単に確認しています。

 

 

Libraに関するツイートは、世界的なソースの中で米国が再び代表の座についていることがわかり、
その割合(43.8%)は、ビットコインのツイート(39.8%)より大きいものとなっています。
ビットコイン同様、英国はLibraの投稿を考慮しながら2位の位置にあり、
続いて3位から5位は、フランス、カナダ、そしてオーストラリアの順となっています。

 

 

Libraに対する姿勢に関しては、ニュースが発表されて以来、
変化していたことが調査結果でわかっており、本来より多くのポジティブ傾向にあったものが、
今日では、一層ネガティブ(54.8%)なものとなっていました。

 

 

”Libraに関するツイートは、英国が一番ポジティブでしたが、
規制による押し戻しを行う国々である米国やフランスでは、ポジティブ度が減少傾向にありました”
THE TIEは、Twitterにそう投稿しています。

 

 

引用元:Twitter Study Finds US Posts Most on Bitcoin and Facebook’s Libra