Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,478.2
Bitcoin Cash
$ 264.69
?
---

G20に先立ち、規制当局者等による仮想通貨に対する立法が討論

 

FATF(金融活動部会)の提案によって、
各国代表が法的手続きの新しい軌道を評価するV20サミットによって、
仮想通貨規制は一歩前進することとなるでしょう。

 

 

FATFは6月21日、暗号ビジネスにおいて新たな国際基準を設けることを目指して、提案書をリリースする予定です。

 

 

国会議員等は、このサミットを支持しており、
また国家ブロックチェーン連合と、世界をリードする
ヴァーチャル資産サービス提供者(VASPs)とを繋げることになります。

 

 

FATFのブロックチェーンと仮想通貨に対する基準は、議員等の間で高い期待の中設けられています。
特に興味深いのは、長く続いてきた財政面への安定性であり、
このテーマに関しては、竹本直一氏によって説明されました。

 

 

”VASP業界は、金融上の危機の阻止と汚職を抑制するために、
明確な規制の必要性を認識しています”と竹本氏は話しています。

 

 

このサミットは、参加国の中でも、仮想通貨に向けて法的なフレームワークを設けることで
新しい曲面を迎えた唯一国、日本の大阪で6月28日から29日に開催されます。

 

 

日本の当局によって出された直近の例には、
投機的な取引と、仮想通貨資産の保護を維持するような、取引所への義務付けに対する
規制の締め付け対策が含まれています。

 

 

規制への関心

規制当局等が、仮想通貨ビジネスのコントロールの必要性に同意する一方で、
厳しすぎる規制は、逆効果となり得ます。

 

 

FATFの前会長であり、オーストラリアの法務省で秘書を務めたRoger Wilins氏によれば、
共通の関心事は、新しい規制が管理外のプラットフォームを公の場に押し出しうるかだそうです。

 

 

”業界から私達が聞いたところによれば、彼らが管理下にあるプラットフォームから、
効果的に暗号取引を締め出そうとしている場所は、私達が金融犯罪を一番よく監視できる方法の内の1つなので、
新たなルールは、彼らが意図したものとは全く逆の効果を持つ可能性があるかもしれません。”
Wilkins氏は上記のように述べました。

 

 

中国、韓国、イギリス、シンガポール、そしてオーストラリアから参加する
ブロックチェーン協会の代表者等も、この新しい基準を評価するために出席する予定です。
これに先立ち、ブロックチェーン業界は国際機関による本当の抑圧と向き合うかどうか、
確かに思い知ることとなるでしょう。

 

 

それまで議員等は、来る規制を有利に利用し適応するために、
バランスの必要性に関して同意しています。
それでもなお、FATFの推奨に従うことになれば、柔軟性や応じないということは無くなることが良く知られています。

 

 

”前規制当局者として私は、ビジネスのために機会創出を行う一方で、
FATFの推薦で行われることに、バランスの取れた解決策を確立することが、いかに重要か認識しています。”
Wilkins氏は、上記のように話しました。

 

 

引用元:Regulators Debate Cryptocurrency Legislation Ahead of G20 Summit