Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 10,573
Bitcoin Cash
$ 319.55
?
---

【米国】暗号資産に友好的な議員、新たなフィンテックタスクフォースに参加

 

アメリカ合衆国下院議員達は、ブロックチェーンを含む、
特に金融テクノロジーを目的としたタスクフォースを始動します。

 

 

このフィンテックに言及したタスクフォースは、
金融下院委員会の発生投票によって木曜日に設立され、
特に、ブロックチェーンと仮想通貨ツールを対象に調査が行われます。
このタスクフォースは、マサチューセッツ州の下院議員である
Stephen Lynch氏が組織を率いることになります。

 

 

このタスクフォースの初期の関心事としては、
国内外の観点両方から、フィンテックを規制することです。
ローンの引き受け業務に向けた代替データの貸出しと利用、
インフラ同様、法的な規制下にある支払いフレームワーク、
そしてデータプライバシーです。

 

 

ブロックチェーンの支持者であるWarren Davdson氏、
Tom Emmer氏、そしてJosh Gottheimer氏は、タスクフォースの新しいメンバーです。
Davidson氏は、包括的な法案であるトークン分類条項を導入しており、
これは仮想通貨の証券法からの除外と、米国内においてデジタル資産の、
より明確な法的基準の提供を目的としています。

 

 

Emmer氏は同様に、州法レベルの規制から仮想通貨スタートアップを除外し、
州内において送金関連のビジネスを行う際、登録なしに、
ブロックチェーンプラットフォームとサービスの開発を可能にする法案を強く求めています。

 

 

Gottheimer氏は最近、暗号業界において活発に活動しており、
先月、Davidson氏によって導入されたトークン分類条項に共催しています。

 

 

声明で彼は次のように話しています。

 

 

ブロックチェーン、そして新しい貸出しの選択肢と、
その後に続いて登場する金融テクノロジーにおいて、
適切なフレームワークが必要なのは明らかにであり、
イノベーションに向けより明確な道を示すだけではなく、
米国のこの業界に貸付に関するフォースを設立するべきです。

 

 

Lynch氏、Gottheimer氏、Emmer氏、Davidson氏と、
タスクフォースのメンバーであるBryan Steil氏はさらに、
アメリカ合衆国内国歳入庁に対して、徴税人が暗号資産保有者の損益を
明確に評価するよう促すため、彼らの名前を公開質問状に付け加えています。

 

 

David Scott氏、AI Lawson氏、Cindy Axne氏、Ben McAdams氏、
Jennifer Wexton氏、French Hill氏、そしてBlaine Luetkemeyer氏といった、
その他の下院議員の名前も、このタスクフォースのメンバーに加わっています。

 

 

暗号資産は、キャピトルヒルにおいて一定の批評を受けており、
カルフォルニア州の下院議員であるBrad Sherman氏は、
過去に全ての仮想通貨を禁止すべきという主張をしていました。

 

 

引用元:Crypto-Friendly US Congress Members Join New Fintech Task Force