Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 10,595
Bitcoin Cash
$ 320.51
?
---

国際通貨基金(IMF)と世界銀行、教育向けブロックチェーントークンを発行

 

IMF、国際通貨基金と世界銀行は、ブロックチェーンテクノロジーの仕組みに対して、より深い理解を得るために、
”ラーニングコイン”と呼ばれる暗号トークンを発行しました。

 

 

ファイナンシャル・タイムズが土曜日に報じた内容によると、
IMFと世界銀行は、このトークンに価値は無いとし、公に利用できるものでは無いとしています。
このトークンをサポートするために、この2つの機関は、
プライベートブロックチェーンネットワークも公開しています。

 

 

このプロジェクトは、機関内におけるスタッフ間での”強力な知識ベース”の構築が目的とされています。

 

 

報道で、IMFは次のように話しています。

 

 

暗号資産と分散型技術の発展は、大量の情報(曖昧であったり既存であったりその両方で)が
取り囲むように、急速な進化を遂げています。
これは中央集権銀行や規制当局、そして金融機関と
立法者、政策立案者、経済学者、そしてテクノロジーとの間に知識のギャップが促進していることを、
認識させることとなっています。

 

 

このトークンプロジェクトは、その一環として、
ユーザーにブログや学術調査、映像やプレゼンテーションといったコンテンツのシェアを可能にする、
ラーニングコインアプリもリリースしています。

 

 

この通貨は、現実世界での価値はありませんが、
伝えられる内容によると、開発者はどのように報酬を用意できるかテストもしているようです。

 

 

このニュースは、IMFのチーフであるChristine Lagarde氏が、
現金需要の減少とデジタルマネーが優先される現状を鑑みて、
中央銀行デジタル通貨(CBDCs)の奨励を模索していた5ヶ月後に明るみとなりました。
そして、2017年時点で世界銀行の総裁であったジム・ヨン・キム氏は、
仮想通貨に対して一層の注意を払う一方で、ブロックチェーンテクノロジーは、
”だれもが熱中してしまう何かだ”と話していました。

 

 

昨年の夏、世界銀行は債券決済利用に向けブロックチェーン利用へ移行し、
これは、8,100万ドルを調達しました。
その投資家には中でも、コモンウェルス銀行、QBE保険、NSW基金コーポレーション、
ノーザントラストなどが含まれていました。

 

 

引用元:IMF and World Bank Launch Educational Blockchain Token