Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,035.4
Bitcoin Cash
$ 205.27
?
---

SolareX(ソーラーエックス)とは?特徴や将来性、購入できる取引所は?

 

今回は、仮想通貨のSolarXについて、
その特徴や将来性、購入できる取引所について調べ記事にまとめました。

 

 

SolarXが気になるという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

SolarX(ソーラーエックス)とは?

SolarXはブロックチェーンの技術を用いて、
主にアフリカを対象に太陽光を活用した電力を供給することを目的とするプロジェクトです。

 

 

2019年3月現在、ICO中であり、
ユーティリティトークンとして発行されています。

 

 

通貨の略号には、SRXが用いられ、
イーサリアムのプラットフォームで開発されているため、
ERC20準拠のトークンとして管理することが可能です。

 

 

1SRX=0.05ドルで販売され、ソフトキャップは500万ドル、
ハードキャップは3000万ドルで設定されています。

 

 

SolarX(ソーラーエックス)の特徴は?

では次にSolarXの特徴を見ていくことで、どんな仮想通貨プロジェクトなのか、
その詳細を見ていきましょう。

 

 

アフリカのエネルギー事情を解消

アフリカ大陸は、世界的に見ても電力供給が低い地域で、
バイオマス燃料で生活している人が多いのが現状です。

 

 

バイオマス燃料とは、簡単に言ってしまうと火を利用してエネルギーを得る方法であり、
二酸化炭素が発生するというイメージも強いですが、
空気汚染の原因となる一酸化炭素も問題となっています。

 

 

そこでSoloarXではブロックチェーンテクノロジーを利用した
太陽光電力供給システムを構築し、この問題に取り組みます。

 

 

特にアフリカでは盗電が問題となっており、
せっかく生み出された電力の多くが消失してしまうということが起きています。

 

 

SoloarXでは、ブロックチェーンテクノロジーとスマートコントラクトを活用することで、
電力のデータフローと、蓄電状況を自動的に管理します。

 

 

人の手を介すことなく電力をコントロールするため、
不正が発生しにくいエコシステムを構築しています。

 

 

AIとIoT、スマートメーターの活用

スマートメーターとは、消費した電力をリアルタイムで電力会社に送信する
メーターのことであり、利用者も正確な電力消費量を把握することができます。

 

 

ネットワークに接続されたスマートメーターでは、
盗電が発生した際、いち早く察知することが可能で不正を防止します。

 

またエコシステム内にはAIを導入することで、
利用者の電力消費の「癖」や一番近い太陽光発電所を把握します。

 

 

こうした情報をAIで把握した情報はサービス向上に役立てられるとのことです。

 

 

さらに、AIの活用で正しい量の電力を正確な消費者に届けることが可能になります。

 

 

こうした技術は、今後アフリカにおける電力供給を、
より効率化していくでしょう。

 

 

また電力発電で懸念されるのが停電です。

 

 

SolarXでは、IoTを活用することで、問題が発生した際、
どこに不具合があるのか、早急に発見し対策が可能になります。

 

 

分散化技術を利用したエネルギー売買プラットフォーム

SolarXでは分散化技術を利用することで、
余剰分の電力を売買できる仕組みを整えています。

 

 

分散化技術を使うのでスムーズややり取りが可能で、
余剰分を有効活用することで、無駄な電力消費を抑えることができます。

 

 

SolarX(ソーラーエックス)が購入できる取引所は?

SolarXは、現在ICO中です。

 

 

公式ホームページよりビットコイン、ライトコイン、
リップル、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、イーサリアムから
購入することが可能です。

 

 

ちなみに取引所への上場は2019年Q1を予定しているため、
ICO終了後、取引所への上場が予想されます。

 

 

SolarX(ソーラーエックス)の将来性は?

SolarXは、最後のフロンティアであるアフリカを対象に、
展開するプロジェクトであり、その将来性は長期的なものとなるでしょう。

 

 

人口増加を続けるアフリカの発展には、
まずもってエネルギー供給が必要ですが、その多くがロスしてしまっているという問題、
さらにバイオマス燃料における空気汚染の問題は、必ず解決しなければいけません。

 

 

既にアフリカでは太陽光発電は広まりつつありますが、
結局のところをそれを正しく管理する必要は出てくるでしょう。

 

 

SolarXは、そうした需要に切り込んでいくため、
今後のアフリカの発展とともに、成長が期待できそうです。

 

 

ロードマップでは、2019年のQ4には、
ソーラーファームを立ち上げ、ナイジェリアでのパイロットテストを
完了させる予定です。

 

 

2019年から2020年に渡って注目したいプロジェクトです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

SolarXはブロックチェーンの技術を用いて、
主にアフリカを対象に太陽光を活用した電力を供給することを目的とするプロジェクトのことでした。

 

 

発展が期待されるアフリカにおいて、
エネルギー供給は大きな課題であり、絶対に無視できるものではありません。

 

 

今後、アフリカでのSolarXの発展が期待されます。