Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,440.4
Bitcoin Cash
$ 263.52
?
---

仮想通貨プロジェクトVIMANA(ヴィマナ)とは?特徴や将来性、購入できる取引所は?

 

今回は、仮想通貨プロジェクトのVIMANA(ヴィマナ)について、
その特徴や将来、購入できる取引所について調べ記事にまとめました。

 

 

VIMANAとは何か気になる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

VIMANA(ヴィマナ)とは?

VIMANAは、ブロックチェーンを活用することで、
安全な飛行を可能になるエアタクシーの実現を目指すプロジェクトです。

 

 

米国拠点のVimana Global Incによって主導されているプロジェクトで、
将来的には都市部での活用を目的としています。

 

 

ブロックチェーンにはNEM、通貨の略号にはVAIRが利用されます。

 

 

VIMANA(ヴィマナ)の特徴は?

では次にVIMANAの特徴を見ていくことで、その詳細を見ていきましょう。

 

 

ブロックチェーンを活用したエアタクシーの開発

VIMANAの目的はエアタクシーの開発であり、最近ではUberといっ有名企業も、
エアタクシーを2020年までに飛ばすといった計画を発表しています。

 

 

しかし、現状の空路は管制塔という人為的で中央集権的な管理の下で
コントロールされており、やはり人の手で管理するには限界があります。

 

 

そこでVIMANAでは、ブロックチェーンを活用した無人のエアタクシーの開発を目標としています。

 

 

飛行ルートを登録する歳、ブロックチェーンを活用すれば改ざんされることが無いので、
ハッキングによる不正操作を防止することができます。

 

 

分散管理されたシステムを利用するので、操縦や管理など人的ミスの減少が期待されます。

 

気軽なサービスの実現を目指す

現在の「空の旅」と言えば、事前にフライトを予約し、空港に足を運び、
手荷物検査や、搭乗ゲートまでの移動など煩雑な手続きが多いのが現状です。

 

 

VIMANAでは、こうした煩わしい手続きを排除し、1クリックでエアタクシーを呼べる環境を目指しています。

 

 

またエアタクシーの料金が異常に高いようでは、一般的な普及は望めません。

 

 

VIMANAでは、普通のタクシーで移動する場合と同じくらいの低料金を目指しています。

 

 

インドでの交通渋滞解消に向け交渉中

インドがIT立国で成長を遂げている一方、交通渋滞が激しく、
ビジネスマンの移動には向いていない国でもあります。

 

 

交通マナーの悪さや、牛や犬と動物が道路に入り込んでくるなどの原因から、
かなりひどい渋滞を起こしています。

 

 

インド政府も、この問題には対処しようとしており、
その解決策の1つにエアタクシーも候補に入っています。

 

 

そこでVIMANAはインドにオフィスを構え、
エアタクシーによる渋滞解消、特に大都市で働く重役向けにサービスを展開しようとしています。

 

 

またインドだけではなく、無人航空に関心の高い中東では、
UAE領空権威当局とも交渉を行っています。

 

 

2シーター、4シータータイプを開発中

エアタクシーには、2シータータイプと4シータータイプを開発中であり、
垂直理着技(VTOL)を搭載しています。

 

 

VTOLのおかげでエアタクシーには滑走路が必要なく、
例えビルが密集したような都市部でも、ヘリポートや、
ある程度開けた公園などがあれば、どこからでも搭乗することが可能です。

 

 

VIMANA(ヴィマナ)が購入できる取引所は?

VIMANAのVAIRのICOから1年以上経ちますが、未だに上場はされていません。

 

 

購入したいという方は、テレグラムなどを活用し、
普段から情報収集を心がけるといいでしょう。

 

 

VIMANA(ヴィマナ)の将来性は?

人口の増加に伴う交通渋滞、また都市部への人口流入はこれからも
継続するものと思われます。

 

 

既存の陸上だけのインフラには限界があり、
特に都市部などでは交通渋滞は日常茶飯事です。

 

 

こうした問題を解決するためには、やはりエアタクシーは今後必須であり、
ブロックチェーンにいち早く目をつけたVIMANAの将来性は高いと言えるでしょう。

 

 

また、エアタクシーは人材の移動だけではなく、
並行して物の移動も可能となるため、運輸業界に新たな道を切り開く可能性があります。

 

 

しかしエアタクシーと言っても、着陸場所の確保や、
飛行時の騒音などの課題はどうしても残ってしまう可能性があります。

 

 

土地の限られている都市部では、やはり通常のタクシーよりは着陸場所が制限される可能性もありますし、
低空飛行が予想されるエアタクシーは、騒音の懸念は払拭できません。

 

 

Uber同様、VIMANAも2020年までの開発を目指していますが、
あと2年以下の期間で、各国の規制や技術的な問題をクリアして完成するかは怪しいところです。

 

 

短期的ではなく、長期的な成長を見越したプロジェクトになることは間違いありません。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

VIMANAは米国に拠点を置くVinama Global Incが主導するエアタクシー事業です。

 

 

ブロックチェーンを活用することで、安全で、そして無人での飛行を可能にすることを
目標としており、主に渋滞が頻発する都市部での利用が期待されています。