Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判は?メリット・デメリットを徹底調査! | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判は?メリット・デメリットを徹底調査!

 

2018年1月、DMMグループは、「東京ビットコイン取引所」を
「DMM Bitcoin」へと社名を変更し、仮想通貨業界に本格的に乗り出しました。

最近ではタレントのローラさん起用し、
メディアでの露出を積極的に行っていますね!

着実に、その知名度を浸透させてきている模様です。

今回は、そんなDMMビットコインについて調べ記事にまとめてみました。

気になる方は、ぜひ参考にして下さい!

DMMビットコインとは?

DMMビットコイン会社概要

会社名:株式会社DMM Bitcoin
設立:平成28年11月
所在地:東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
代表取締役:田口 仁
事業内容:仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)
資本金:2億9000万円

DMMビットコインは、DMMグループの株式会社になります。

元は、「東京ビットコイン取引所」という名称だったのですが、
2018年1月に新しいブランドとして、DMMビットコインに名称を変更しました。

既に金融庁にも仮想通貨交換業者として登録されており、
FXや証券事業を行うDMMグループに属する企業なので、
非常に安定感が強いと言えますね。

さて、今の仮想通貨業界では、色んな芸能人を起用して、
新規ユーザーの獲得を狙っています。

その中でも、ローラさんという大物を起用したDMMビットコインは、
かなり本気で仮想通貨業界に乗り出しているのではないでしょうか?

尚、現在、DMMビットコインでは、

・ビットコイン
・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサクラシック
・ビットコインキャッシュ

これら7つの通貨を取り扱っています。

それでは次にDMMビットコインのメリットを見ていきましょう。

DMMビットコインを利用するメリットは?

テレビCMを用いて積極的にユーザー獲得を目指しているDMMビットコインですが、
果たしてどんなメリットがあるのでしょうか?

DMMビットコインの「いいところ」を色々調べてきましたので、
ぜひ参考にしてみて下さい!

メリットその1:手数料が無料!!

DMMビットコインでは現物取引手数料が無料に加え、
入出金手数料も無料となっています。

普通の取引所であれば、入金、出金に何百円か手数料が取られてしまいます。

たとえ数百円でも、入出金を繰り返せば、
それなりに損ですので、非常にもったいないです。

その点、DMMビットコインはユーザーに優しく
日本円の入出金、仮想通貨の入出金の手数料が無料です。

もちろん銀行の振込手数料はかかりますが、
取引所に手数料を支払わなくていいメリットはとても大きいですよね。

ただし、仮想通貨に関しては、マイナー(仮想通貨の採掘者)に手数料を
支払う必要があるので、その分はユーザーが負担する必要があります。

ほとんどの取引所が、「マイナーへの手数料」として、
自由に価格を設定できる状態において、
DMMビットコインは、余計な手数料を一切求めていません。

これには、とても好感が持てますね。

メリットその2:安心第一!サポートが充実している

仮想通貨は、まだまだ新興市場です。

ユーザーが戸惑う場面は多くあるでしょう。

DMMビットコインでは、カスタマーサポートが充実しており、
なんと「24時間365日」対応してくれるそうです。

さらに、LINEでのサポートもしてくれるとのことで、
手軽に相談することも出来ますね。

テレビCMを流すだけあって、
仮想通貨初心者の方も意識したサービスだと言えます。

安心して利用することが出来そうです!

メリットその3:レバレッジ取引にも対応!

さすが、FX事業も手がけるDMMグループの企業と言ったところでしょうか。

DMMビットコインでは、
仮想通貨を用いて最大5倍までレバレッジ取引を行うことが出来ます。

また、ビットコイン以外の通貨、
「アルトコイン」を使ったレバレッジ取引も可能となっているんです!

これは大変珍しく、
他の取引所に無い強みと言えますね。

ちなみに、冒頭で示した、全てのアルトコイン
レバレッジ取引が可能です。

ただし、アルトコインは、相場の動きが激しい時もあるので、
レバレッジ取引を行われる際は十分注意して下さい。

メリットその4:とにかく使いやすいDMMビットコイン

利用者のことを意識したDMMビットコインでは、
トレード画面が見やすいと好評です。

見やすいというだけではなく、ユーザーの好みに合わせて
画面を自由にカスタマイズすることも出来ます。

また、iOS、Andoroidに対応したアプリも用意していて、
そちらも見やすい、使いやすいとかなり好評です。

とにかくユーザーフレンドリーな取引所である、
ということは断言できますね。

さて、ここまでDMMビットコインをべた褒めしてきましたが、
次は、「デメリット」もご紹介していこうと思います。

DMMビットコインにデメリットはあるの?

かなりメリットが多いDMMビットコインですが、
ここでは、デメリットについて調べて、まとめてみました。

デメリットもしっかり把握した上で利用を検討してみて下さい。

デメリットその1:やはり銘柄の少なさが目立ってしまう

DMMビットコインでは、合計7つの仮想通貨しか扱っていません。

また現物取引(円を仮想通貨に変えたり、仮想通貨を円に変えたりすること)
をできる通貨は、ビットコインとイーサリアムの2つのみとなっています。

これは他の取引所と比べても
どうしても見劣りしてしまう点なのではないでしょうか?

デメリットその2:販売所形式で取引所が無い

販売所形式とは、仮想通貨業者(この記事の場合DMMビットコイン)が
仮想通貨を一旦所有し、ユーザーに仮想通貨を売ったり、
逆に買い取ったりする形式のことです。

単なる仮想通貨の売り買いを行うだけですので、
ユーザーは、簡単に素早く仮想通貨を手にすることができます。

販売所は販売所で、売買時にユーザーより手数料を取ることで儲けることができます。

一方取引所は、ユーザー同士の需要と供給で仮想通貨の値段が決定されるため、
余計な手数料がかかる心配がありません。

DMMビットコインには、取引所は残念ながら存在しておらず、
販売所のみとなっています。

手数料が割高になることは覚悟して利用する必要があるようですね。

デメリットその3:レバレッジが低い

FXの魅力は、やはり少ない資金で大きな儲けを狙えるところですよね。

ただ、DMMビットコインのレバレッジ取引は最大5倍で、
あまり魅力的ではありません。

もちろん、ユーザーのことを考えてのことだとは思いますが、
もう少しレバレッジを上げて欲しいと願うユーザーは多いと思います。

デメリットその4:ロスカットが早い

DMMビットコインのロスカット基準は、
証拠金の80%を下回った場合となります。

ロスカットとは、証拠金が損失によって無くなる前に強制的に
業者側が決済してしまうことを言います。

80%でロスカットと言うと、割りと早い段階で、決済されてしまうので、
損失が出過ぎず安全なようにも思えますよね。

一見、ユーザー想いの取引所のように見えますが、
実はこれには罠があります。

というのも、仮想通貨は値動きが激しく、
今後利益が出ると思っていても、一度80%を割り込めば、
ロスカットが行われそこで終了となります。

これでは増やすどころか、
証拠金は減ってしまい、結局マイナスにしかなりません。

80%でのロスカットは、あまりに早すぎるので、
ユーザーを守るというより、むしろユーザーを苦しめる
デメリットでしかないような気もします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

DMMビットコインは、仮想通貨でFXが出来るという魅力がありますが、
そのメリットを打ち消すデメリットも大きいような気がします。

しかし、サポートの充実や、ユーザーフレンドリーさは、
大変素晴らしいと思います。

ライトユーザーや初心者が仮想通貨をスタートさせるには、
ともて良い取引所と言えるかもしれません。