Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,543.0
Bitcoin Cash
$ 213.46
?
---

SNX(Synthetix Network Token・シンセティックスネットワークトークン)とは?特徴や将来、購入できる取引所は?

 

この記事では、仮想通貨のSynthetix Network Token(シンセティックスネットワークトークン、以下SNX)について、
その特徴や将来、購入できる取引所を調べ記事にまとめています。

 

 

SNXがどのような仮想通貨か気になるという方や、実際に購入してみたいという方は、
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

SNXとは?

SNXを理解するためにはまず、Synthetixを知る必要があります。

 

 

Synthetixとは、イーサリアム上に構築された分散化合成資産発行プロトコルで、
この合成資産、いわゆるSynthsを作るためにステーキングされるのがSNXです。

 

 

2019年11月現在、その時価総額は34位となっており、
発行以来順調に価格を上げています。

 

 

SNXの特徴は?

ではここからは、SNXの特徴を見ていくことでその詳細に迫りましょう。

 

 

2つのトークンの存在

Synthetixのプロジェクトでは、Synthと、SNXの2つのトークンが発行されており、
Synthは先述の通り合成資産と呼ばれています。

 

 

ユーザーは、SNXを保有し、ロックし、ステーキングすることでSNXのステーキング報酬を受取ることが可能で、
さらに、分散化取引所であるSynthetix.Exchange上でのSynth取引で発生するSynth取引報酬を受取ることができます。

 

 

分散化アプリMintr

Synthetixでは、Mintrと呼ばれる分散化アプリを用意しており、
これは、Synthetix Networkに参加するために必要なアプリです。

 

 

Synthを鋳造(Mint)するために、SNXホルダー向けに作られたアプリであり、
MetaMask、Ledger、Trezor、Coinbase Walletに接続して利用します。

 

 

Synthetix.Exchange

Synthetixのプロジェクトでは、独自の分散化取引所を展開しており、
MetaMask、Trezor、もしくはLedgerのウォレットに接続することで利用することができます。

 

 

sBTC、sETH、sBNB、などの仮想通貨に加え、sUSD、sEUR、sJPY、sGBP、sAUD、sKRWと法定通貨が
裏付けとなるステーブルコイン、合成金、合成銀といったコモディティのSynthの取引が可能です。

 

 

特徴としては、端末と端末を結ぶP2Pでの取引はなく、プールされた担保を介し、
スマートコントラストを用いたP2C(Peer to Contract)での取引となります。

 

 

つまり、このステーキングを担保とする担保モデルは、イーサリアムのスマートコントラストを使うため
カウンターパーティ(相手方)を必要としません。

 

 

またこのメカニズムにより、DEX(分散化取引所)で度々問題となる
流動性やスリップページの問題解決につながるとしています。

 

 

取引手数料は0.3%となっており、その取引所収入はSNXホルダーの貢献度に応じて分配されることになっています。

 

 

取引所での価格提示は、信用できる金融市場リソースを使ったプライベートオラクルを活用していますが、
現在は、分散化オラクルも検討しているとのことです。

 

 

SYNTHETIX DASHBOARD

Synthetixが提供するDashboardでは、SNXの時価総額や価格、
sUSDやsUSDの価格、時価総額、ユニスワップレートなどを確認することができます。

 

 

その他、Synthのトータル量、その資産分布、ロックされているSNXの価値であったり、
Synthetix.Exchangeの24時間の取引ボリュームなども確認することができます。

 

 

SNXを購入できる取引所は?

SNXは残念ながら国内取引所には上場していません。

 

 

海外の仮想通貨取引所で言えば、大手のKucoinに上場していますが、
Kucoinは現在、日本人向けサービスを停止しています。

 

 

購入する場合は、Synthetixが提供している分散化取引所であるSynthetix.Exchangを利用すると良いでしょう。

 

 

また上場している取引所の詳細は、先述のSYNTHETIX DASHBOARDから確認することができます。

 

 

SNXの将来性は?

SNXは、それをステーキングすることでSynthを報酬として受け取ることができるため、
SNXの需要は取引所の成長と直結していると言っていいでしょう。

 

 

ステーキング参加者がネットワークに参加すればするほど、SNXの需要は高まるので、
今後はいかにそのネットワークを拡大するかが課題となるでしょう。

 

 

まとめ

SNXはSynthetixのネットワーク内で利用されるトークンであり、
ステーキングに利用されるものです。

 

 

2018年は0.4ドル程でしたが、2019年は仮想通貨市場全体が冷え込んでいる中でも
順調に高安値を切り上げる上昇トレンドが継続しています。

 

 

日本ではまだまだ知名度が低いですが、今後も注目したい仮想通貨プロジェクトの内の1つです。