Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 8,267.9
Bitcoin Cash
$ 305.43
?
---

IBM、ブロックチェーンベースのウェブブラウザ特許を出願

 

IBMによる新しい特許申請書は、ブロックチェーンをベースとしたウェブブラウザに関して記述されています。

 

 

8月6日、米国特許商標庁に提出された内容によれば、IBMの特許は、
P2Pネットワークによって裏付けされたウェブブラウザ向けのものです。

 

 

特許によれば、このブラウザは、ウェブブラウジングセッションから事前に指定された情報を収集します。
この情報は、収集と蓄積を目的にP2Pノードのネットワークへ送信されます。
情報収取は、選ばれたブラウジング実験のタイプに依存しています。
例えば、コンピューター作業上でのブラウジングと個人のブラウザ比較は、違うセッティング要求があります。

 

 

潜在的に貯蔵可能なセッション情報の種類には、ウェブブラウザへの訪問者、ブックマーク、
タスクパフォーマンス、地理位置情報、設置プラグイン、そしてセキュリティパッチを含みます。

 

 

同社が発表しているように、ブロックチェーンベースのブラウザは、
プライバシーが保存され、第三者というよりはむしろユーザーの手にプライバシーが手渡されるように、
ブラウジング情報を貯蔵するようになります。

 

書類中に含まれている、1つの潜在的なユースケースは、とりわけコンピューターのブラウザに対する攻撃です。
もしブロックチェーンによって安全化されれば、全てのユーザー情報の実行可能なバックアップが可能です。

 

 

興味深いことに、IBMは彼らのモデルのトークンを組み込んだことです。
IBMが言うには、ユーザーがP2Pネットワークに向けてブロックをまとめるので、
トークンは、ユーザーのブラウザセッション活動によって検証されるとのことです。

 

 

しかしながら、IBMのブロックチェーンウェブブラウザコンセプトは1つの分野に留まりません。

 

 

ノルウェーのウェブブラウザであるOpera社は最近、同社のiOS Opera Touchブラウザを6月に始動させました。
Web3.0に向けて、Opera Touchは仮想通貨ウォレットが装備されており、
そしてERC-20トークンを含むWeb3.0アプリに、途切れなく接続します。

 

 

引用元:IBM Files Patent for a Blockchain-Based Web Browser