Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

仮想通貨Ravencoin(レイブンコイン)とは?特徴や購入できる取引所、将来性を調査

 

この記事では、仮想通貨プロジェクトのRavencoin(レイブンコイン)について、
その特徴や購入できる取引所、将来性を調査し記事にまとめました。

 

 

Ravencoinについて詳しく知りたい方や、実際に購入できる取引所が知りたいという方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

Ravencoin(レイブンコイン)とは?

Ravencoinコインは、2018年1月に公開された仮想通貨で、
ビットコインからハードフォークを行う形で誕生しました。

 

 

通貨の略号には「RVN」が用いられており、
コンセンサスアルゴリズムにはPoW(Proof of Work)が採用されています。

 

2019年10月現在、その時価総額が42位に位置しているので、比較的上位に位置していると言えるでしょう。

 

 

Ravencoin(レイブンコイン)の特徴は?

ここからは実際に、Ravencoinの特徴を見ていくことで、そのプロジェクトの詳細に迫りましょう。

 

 

公平公正を目指した仮想通貨プロジェクト

Ravencoinのプロジェクトは、公平公正を目指したプロジェクトであり、
多くの仮想通貨プロジェクトが目指す、分散ネットワークに力を入れています。

 

 

ビットコインのマイニングに関しては、非常にスペックの高いパソコンを所有するマイナーが有利であり、
個人レベルでは、マイニングを行うことは不可能です。

 

 

一方Ravencoinでは、個人でも購入可能なミドルクラスのGPUでもRavencoinをマイニングできるため、
誰でもマイニングに参加することができます。

 

 

またRavencoinのプロジェクトはオープンソースであり、そのソースコードは公に公開されています。

 

 

誰でもコードを確認することができるため、不正の発生は考えられにくく、
開発には誰でも参加できることから、まさに「分散化」を目指した仮想通貨プロジェクトと言えるでしょう。

 

 

Ravencoinの公平公正さは徹底されており、
仮想通貨発行時はICOやエアドロップ、プレマイニングが行われていない部分は特筆すべきところでしょう。

 

 

ハードフォークとして誕生して依頼、特定の誰かや投資家に依存していないため、
あくまでコミュニティ主導で成り立っていくことは明白です。

 

 

プロジェクトの作成が可能

Ravencoinでは、500RVNを支払うことで独自のプロジェクトを作成することができ、
Ravencoinのブロックチェーン上で、トークンを数分で発行することができます。

 

 

ブロックチェーン上に、0から自分のトークンコミュニティを作りたいと思っても、
実際には難しいといった場面で有効と言えます。

 

 

またプロジェクト作成費用の500RVNはバーンされることになっており、
プロジェクトの作成数が増えれば増える程、RVNの総供給は減少していきます。

 

 

結果としてRavencoinの価値は上昇していく仕組みが採用されています。

 

 

2019年10月現在、1RVNは3円程ですので1,500円程度でコミュニティを作成することができます。

 

 

所有権の証明

仮想通貨は現在、世界的には「暗号資産」という位置づけになっていますが、
実はその暗号資産を移転した時に、その所有権を証明してくれるものはありませんでした。

 

 

Ravencoinでは、プロジェクト作成機能があるため、
もちろんプロジェクト内のトークンの所有権は、発行者にあるわけですが、
そこを明確にすることで、トークンの消失を心配する必要がなくります。

 

 

また発行されたトークンを追跡することも可能となっています。

 

 

Ravencoin(レイブンコイン)が購入できる取引所とは?

残念ながらRavencoinは国内の仮想通貨取引所には上場していません。

 

 

その一方で、既に海外の仮想通貨取引所には多数上場しており、
有名な所でいれば、BinanceやBittrexに上場しています。

 

 

国内の仮想通貨取引所、もしくはウォレットから基軸通貨を送金し取引を行うことができます。

 

 

Ravencoin(レイブンコイン)の将来性は?

Ravencoinは、資産性の高いビットコインとは対照的に、
実用性を重視して作られており、ブロックの生成時間は1分となっています。

 

 

特に仮想通貨が目指す分散化に力を入れるRavencoinでは、
公平公正にマイニングを行いたい利用者が増える可能性があります。

 

 

総供給量に関しては210億枚と設定されており、これはビットコインの10倍という数字で、
1RVNあたりの価値は上昇しにくくなっています。

 

 

しかしその一方でRavencoinでは、プロジェクト作成時の500RVNをバーンする設計となっています。

 

 

これからRavencoinの利用者が増えていけば、徐々に総供給量も減っていき、
その価値は次第に上昇していくでしょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

Ravencoinはビットコインからハードフォークした仮想通貨で、
より実用的で、公平公正さを目指した仮想通貨プロジェクトです。

 

 

関心を集めている仮想通貨の内の1つであり、今後もその動向が気になります。