Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,522.6
Bitcoin Cash
$ 212.76
?
---

仮想通貨Insight Chain(INB/インサイトチェーン)とは?特徴や将来性、購入できる取引所を調査!

 

この記事では、仮想通貨のInsight Chain(インサイトチェーン)について、
その特徴や、将来性、購入できる取引所を調査し、わかりやすくまとめています。

 

 

Insight Chainが気になるという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

Insight Chain(インサイトチェーン)とは?

Insight Chainは、世界で初めてとなるビッグデータエコシステムを、
パブリックブロックチェーン上で構築することを目的としています。

 

 

通貨の略号には「INB」が用いられており、
コンセンサスアルゴリズムには、Validated DPoS(VDPoS)が採用されています。

 

 

2019年9月現在、時価総額は50位となっており、
数ある仮想通貨の中でも、比較的上位に位置しています。

 

 

Insight Chain(インサイトチェーン)の特徴は?

では次に、Insight Chainの特徴を見ていくのことで、その詳細に迫っていきましょう。

 

 

ビッグデータエコシステム

Insight Chainのエコシステムでは、デジタル通貨のデータ調査や、
データ検索によるデジタル通貨、もしくはデジタル資産ファンドの評価などwアナリストが行うことができます。

 

 

その他にも、企業が情報を公開できるようなプラットフォームも公開しており、
また、企業やメディア、アナリストや投資家等が、分散化情報共有プラットフォームを構築できるようにもしています。

 

 

このエコシステム内での支払いに利用されるのが、
Insight Chainが発行している独自トークンのINBとなります。

 

 

データ取引

Insight Chainは、ブロックチェーン技術を基盤においた、
データ取引のプラットフォームも構築しています。

 

 

これにより、アナリスト、投資家、企業やメディアは、様々なデータや評価、
インデックスやレポートをポイント・ツー・ポイントで取引することが可能になります。

 

 

 

世界で初となるVDPoSの採用

Insight Chainの特徴としては、コンセンサスアルゴリズムにVDPoSを採用していることです。

 

VDPoSでは、ノードを委任によって選ぶDPoSを基盤としており、
検証(Validation)ノードを、VRFとよばれるランダムに選ぶメカニズムを用いて専任し、
ブロックの二重検証を実現するため、検証ノードはBFTコンセンサスを利用します。

 

 

VDPoSを採用することで、高速での取引とブロックの生成が可能に、
検証ノードによって、安全性と分散化が保証されます。

 

 

さらにVRFのランダムにノードを専任する機能によって、攻撃を防ぐことが可能となります。

 

 

サンプル番号に基づく、アンケート、評価、インデックス、そしてレポートの要件に適い、
革新的な調査を行った人は、マイニングに参加することができ、その対価としてINBを受け取ることができます。

 

 

Insight Chain(インサイトチェーン)が購入できる取引所は?

Insight ChainのINBは、残念ながら国内取引所には上場していません。

 

現在は、海外のいくつかの取引所に上場しており、
DragonEXや、Livecoinで購入することが可能です。

 

 

これら取引所は、もちろん日本円の入金に対応していないため、
国内仮想通貨取引所、もしくはウォレットから基軸通貨を送金してからの取引となります。

 

 

海外仮想通貨取引所は、日本の法律によってユーザーが保護されないため、
あくまで自己責任で取引を行うようにしましょう。

 

 

Insight Chain(インサイトチェーン)の将来性は?

ICO後、多くの仮想通貨プロジェクトは失敗に終わり、そのほとんどが開発を停止してしまうこともあります。

 

 

その一方でInsight Chainは、ロードマップに則り、確実に開発を進めている状況です。

 

 

2019年中には、メインネットの始動も予定しており、
エコシステム内での取引が活発になれば、INBの価値上昇も期待できます。

 

 

また2020年の第2四半期には、パブリックチェーン間、メインチェーンと子チェーン間の
クロスチェーン技術の実現化も予定しており、今後ますますの発展が期待されます。

 

 

まだまだ上場している取引所も少なく、今後は大手取引所への上場が行われれば、
価値の上昇が期待できるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

Insight Chainは、エコシステム内でのビッグデータによる、
様々なサービスの提供を目的とするプロジェクトです。

 

 

インターネットの発達によって情報が混在する現在、
しっかりと評価された情報の検索ができるのであれば、そのニーズはかなり高いといっていいでしょう。

 

 

また、前述の通り、ブロックチェーンを活用したVDPoSを採用したことから、
その評価などの偽造を行うことはできません。

 

 

信頼に足る情報を手に入られるプラットフォームが重宝されることは間違いありません。

 

 

プロジェクト誕生以降、確実に開発を進めておりクロスチェーンの開発も行っていることから、
今後注目したい仮想通貨プロジェクトの内の1つと言えるでしょう。