Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 7,516.2
Bitcoin Cash
$ 213.12
?
---

仮想通貨V Systems(VSYS)とは?特徴や将来性、購入できる取引所は?

 

この記事では、仮想通貨のV Systemsについて、その特徴や将来性、
購入できる取引所を調べ記事にまとめています。

 

 

V Systemsが気になるという方や、これから購入を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

V Systems(VSYS)とは?

V Systemsは、ブロックチェーンデータベース向けに安全な基礎インフラプラットフォームの開発を目的とした
ブロックチェーンクラウドのプロジェクトです。

 

 

主にブロックチェーンを活用したデータベースとクラウドサービスの提供に焦点を当てています。

 

 

コンセンサスアルゴリズムには、独自のSPoS(Supernode Proof of Stake)が採用されています。

 

 

通貨の略号には、VSYSが用いられ、2019年8月現在、
市場規模は28位となっており比較的上位に位置しています。

 

 

V Systems(VSYS)の特徴は?

では次にV Systemsの特徴を見ていくことで、その詳細に迫っていきましょう。

 

 

分散型のクラウドを提供

V Systemsでは、ブロックチェーンを活用した分散型で拡張可能なデータベースや、
アプリケーションの高い需要に応えて、効率性の高い分散型クラウドを、
業界を超えた企業や、組織に向けて提供しています。

 

 

アプリの開発環境を提供

V Systemsでは簡易的にブロックチェーンを構築し、
アプリケーション開発者向けの開発プラットフォームを提供しています。

 

このプラットフォームには複数のコンセンサスアルゴリズムをサポートするモジューラー構造が含まれています。

 

 

ユーザフレンドリーな環境

V Systemsのブロックチェーン開発プラットフォームでは、
できる限りユーザーフレンドリーな状況しており、
プロジェクトで高く求められる負担を減らしながら、開発者の負担を大きく減らしています。

 

 

VSYS Coin

2018年11月に、V Systemsのメインネットから始動していらい発行されており、
V Systemsのブロックチェーンプラットフォーム上でユーティリティコインとしてVSYS Coinは機能します。

 

 

VSYS Coinは、様々なユーザーが行う取引所、ステーキング、ネットワーク上のマイニングで活用されます。

 

 

さらに、V Systemsのネットワーク上に構築されたアプリであるスマートコントラクトや、
サイドチェーン、クロスチェーンやDAPPsへのアクセスに利用され、
V Systemsの分散データベースクラウドへのリソース配分支払いにも利用されます。

 

 

SPoS(Supernode Proof of Stake)を採用

SPoSは、PoSの生みの親であるSunny King氏によって2018年に開発された
コンセンサスアルゴリズムであり、V Systemsにもこれを採用しています。

 

 

従来のPoSで問題となっていた、ブロック生成のインターバルや、鋳造の凍結、
ステーキングの流動性を改善したコンセンサスアルゴリズムです。

 

 

V Systems(VSYS)が購入できる取引所は?

V Systemsは、残念ながら国内の仮想通貨取引所には上場していません。

 

 

一方で、BITFINEX、Huobi、KuCoinといった大手海外仮想通貨取引所には既に上場しており、
そのほかにも、ZB.comやBitForex、COINALLなどにも上場しています。

 

 

V Systemsを購入したいという方は、国内の取引所もしくはウォレットから
利用する海外仮想通貨取引所へ基軸通貨を送金し、購入すると良いでしょう。

 

 

V Systems(VSYS)の将来性は?

V Systemsは2018年11月のメインネット公開移行、急激にその市場規模を伸ばしており、
2019年8月現在、有名なDogecoinを抜いて28位となりました。

 

 

V Systemsは開発者を意識したプラットフォームとなっており、
ブロックチェーンも従来に比べ簡単に作成可能となっています。

 

 

またクロスチェーンに技術もこのプロジェクトには含まれているため、
他の通貨と簡単につながる将来が期待されます。

 

 

そしてそのプラットフォーム上で使われるがVSYS Coinであり、今後の需要次第では
その価値は大幅に上昇するでしょう。

 

 

また既に多くの大手取引所に上場しており、今後期待される上場先は、
仮想通貨取引所最大手のバイナンスでしょう。

 

 

バイナンスへの上場は取引量増加で期待値が膨らむことから価格の上昇が見込めます。

 

 

今後はそうした動きにも注目していきたいですね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

V Systemsは、ブロックチェーンを活用したデータベースクラウドや
分散型アプリなどに焦点を当てたプロジェクトです。

 

 

開発者には、Proof of Stakeの生みの親であるSunny King氏が参加しており、
さらに同氏が新たに開発したSupernode Proof of Stake(SPoS)がV Systemsには取り入れられています。

 

 

今後の動向が気になる仮想通貨の1つには間違いありません。