Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
Bitcoin
$ 10,362
Bitcoin Cash
$ 307.23
?
---

IRS(米国内国歳入庁)、暗号税制ガイダンスを「間もなく」発行と発表

 

 

2014年から仮想通貨向けの税制ガイダンスに取り組んできた
アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)は、同機関の委員が月曜日に議員に話しました。

 

 

Tom Emmer上院議員が、報告されている仮想通貨に、
さらなるガイドラインを設けて欲しいという要望に応え、
IRSの委員であるCharles P. Retting氏は、
決まった詳細の無いガイドラインを近い将来計画していると概説しました。

 

 

”納税者は、バーチャル通貨取引への課税に関連した基本事項の明確化を求める権利があり、
IRSがガイダンスを発行することは、優先事項であるという私の信念を共有させて下さい。”
とRettig氏は書いています。

 

 

IRSは、許容可能な原価基準の計算方法、
許容可能な原価基準の割り当て、そしてフォークに対する
税の扱いに関してガイドライン作成に取り組んできたと、書状の中で書かれています。

 

 

これらに関するガイドライン、もしくは他の事項は、
”すぐに”公開されるでしょうと、Rettig氏は書いています。

 

 

Rettig氏の返答の返答を得た後、Emmer上院議員は、
”IRSがこの重要事項に対してガイドラインの発行を計画していることを嬉しく思います”と述べました。
”納税者は、表面化される価値の交換について、
連邦税制に関する、いくつかの基本的な疑問を晴らすに値する存在です。
私は、彼らの来る提案と、米国の納税者にために、共に仕えることを楽しみにしています。”

 

 

Emmer上院議員は、特に仮想通貨関係で報道されているニーズと
法的なニーズを固めることを目的とした議員等によるグループである
議会ブロックチェーン幹部会の一人です。

 

 

彼が発端となった要求は、IRSに対する
”ヴァーチャル通貨を利用した際の納税者義務の明確化を行った確固たるガイドライン”
であり、この締切は、2019年5月19日まででした。

 

 

引用元:IRS Says It Will ‘Soon’ Issue Crypto Tax Guidance in First Since 2014