Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lep6o/crypto-currency-camp.com/public_html/wp-content/plugins/virtual_coin_widgets/includes/data.php on line 153
イスラエル総合保安庁、ブロックチェーン基盤のメッセージングシステムを構築 | 暗号通貨まとめ Crypt Currency Camp
Join the larget crypto conference of 2018 in Dubai
?
---
?
---
?
---

イスラエル総合保安庁、ブロックチェーン基盤のメッセージングシステムを構築

 

イスラエルの証券局は、セキュリティの向上を目指して、
ブロックチェーンベースのメッセージシステムを発表しました。

 

The Times of Israelによれば、イスラエル総保安庁(ISA)は、
初めとして「Yael」というプラットフォームを本格発表し、
同機関管轄下の企業との連絡用に利用するとのことです。

 

同紙によれば、ブロックチェーンの統合は、イスラエルの
サイバーセキュリティ企業のTaldorによってここ最近の数ヶ月で開発されたとのことです。
不変的ブロックチェーンを使うことで、ISAは、
権威性とメッセージの証明性の確証を目的としており
コミュニケーション内容の変更捏造を回避することもまた、目的としています。

 

ISAによると、この統合は、監督機関を通して、
情報の信用性を保証する追加のレイヤーを提供するとしています。

 

今後ISAは、ISAによって開発されたオンライン株主投票プラットフォームと、
Magnaと呼ばれる法令関係文章のアーカイブ、この2つのシステムを
ブロックチェーンに統合することも目的としています。

 

情報部門のディレクターであるNatan Hershkovitz氏は、
次のように語っています。

 

ISAのシステムでブロックチェーンテクノロジーの実行を行うことは、
安全な情報を公共に提供する役割において、私達を、
世界的にも大手の機関へとしてくれるでしょう。

 

監督機関が明らかにブロックチェーンのベネフィットに夢中な一方で、
(世界的に大手の企業も類似して)それらが仮想通貨となった場合は、
警告がされ続けています。

 

3月頃には、ISAは、主な影響力を持つ
Tel Aviv Stock取引所に上場した仮想通貨への投資、マイニングを禁止しました。
これは市場における高い価格変動を理由に、受け身な投資家達のポートフォリオを証券取引所の指数から追跡し、
投資家保護だとしています。

 

イスラエルは、暗号分野とブロックチェーンスタートアップの温床になりつつありますが、どんなトークンが安全な分野に分類されるのが良いのかを判断するガイダンスをリリースしています。

 

また同時期の3月にISAは、ケース・バイ・ケースで、
新しいトークンを評価し、有価証券以外に分類される
支払い手段のような実用的なものは、ユースケースとして許可されます。

引用元:Israel’s Securities Watchdog Builds Blockchain Into Its Messaging Tool